肝機能低下を防ぐ協和発酵バイオのオルニチン効果

肝機能の低下では?

悩みイメージイラスト

 

  • 連日連夜の、つき合いのお酒が体に響いて、つらい・・
  • 朝の寝起きが辛くて、毎朝、決死の覚悟で起きている・・
  • 若い時のように、無理ができなくなった。
  • どうも、集中力が続かなくなり、元気がでない。

 

医者イメージイラスト

こういったことの悩みは、歳を重ねて行くと、普通に誰にでもあります。

 

いつまでも、若くは無いので、若いころのちょっとした、無理も、年齢によって、通じなくなるのです。

 

これは、若い頃と比べて不足しがちなアミノ酸に原因があるようです。

 

アミノ酸は、健康を維持することやお肌の美容などに関係しており、不足すると、たちまち、体に変化がおこります。

 

その一つが、肝機能の低下です。
肝機能の低下は、いろいろな症状が現れてきますが、肝臓内でアルコールを無毒化することが出来なくなります。

 

その、症状として、二日酔いが長く続くことがあります。

 

また、よく寝ても、疲労が解消されないとか、体がだるいなどの症状です。
こういったこと全てに当てはまる方は、早い目に、病院に行かれることをお薦めします。

 

悪化すると、肝硬変を併発する恐れがあるからです。
そして、アミノ酸の不足は補給することが大切です。

 

それには、協和発酵バイオのオルニチンが最も適しています。

 

理由は協和発酵バイオは医薬品原料のメーカーでもあり、アミノ酸に特化した、500種類以上もある、アミノ酸の研究から、特別なアミノ酸のオルニチン(遊離アミノ酸)を世界で初めて、世に出したことは素晴らしいと思うからです。

 

↓下記をクリックで、公式販売サイトへ移動できます↓

 

遊離アミノ酸とは?

しじみイメージ

まず、遊離アミノ酸を知る前に、アミノ酸からですが、私たちの体はアミノ酸で出来ています。

 

それは、内蔵や器官、血液や血管、そして、皮膚や筋肉など、体に備わっているもの全てを指しますが、そのアミノ酸がつながってタンパク質を構成しているのです。

 

タンパク質は、アミノ酸がつながっていると言っても電車のように数珠つながりだけでは無く、さまざまな形を作ってくっついています。

 

そして、数えきれない程の、アミノ酸がくっついてつながっていますが、僅か20種類のアミノ酸しかありません。

 

その20種類のアミノ酸が、色んなパターンでつながって身体が出来ていると言うことです。
また、アミノ酸の中で、体内で合成することが出来ないアミノ酸は9種類あります。

 

その、9種類のアミノ酸のことを必須アミノ酸といいます。
必須アミノ酸は、体内で合成出来ないので、食事で摂ることになります。

 

更に、必須アミノ酸以外のものを非必須アミノ酸といいます。
そこで、遊離アミノ酸ですが、20種類のアミノ酸以外のアミノ酸です。

 

つまり、タンパク質を構成しないアミノ酸なのです。
遊離アミノ酸は、オルニチンやシトルリンなどで、タンパク質を構成しないので、必要とされる部分に直行出来る、いわゆる、単独で行動するアミノ酸なのです。

遊離アミノ酸のオルニチン効果

では、遊離アミノ酸である、オルニチンはどのような働きをするのか?
ここが、いちばん大切な部分ですよね。

 

まず、オルニチンを摂取しますが、食べものでは、お馴染みのしじみ汁が知られています。

 

肝臓の図

その、しじみに含まれているオルニチンを摂取すると、食べものと同じように、小腸で吸収されて、肝臓、腎臓、そして、筋肉へ運ばれます。

 

肝臓へは、小腸から門脈と言う血管によって、肝臓へ移動します。

 

肝臓には、オルニチン回路と言うものがあって、そのオルニチン回路の働きを強化するのが、遊離アミノ酸のオルニチンです。

 

オルニチンサイクル

オルニチン回路は、尿素回路と呼ばれていて、食事の摂取や筋肉運動などによって、腸内などにアンモニアが作り出されます。

 

そして、血液に入り込みますが、この、アンモニアは疲労の原因になるのです。

 

その、仕組みは、アンモニアは、エネルギーを生み出す、細胞内のミトコンドリアに良くない仕掛け(酸化)をするから疲労を起こすのです。

 

つまり、ミトコンドリアの働きが悪くなると、エネルギーを生み出すパワーを失うことになり、疲れが長引くと言う結果になります。

 

これを、オルニチンの補給により、細胞内のミトコンドリアの活動を助けて肝機能を強化するという仕組みが遊離アミノ酸のオルニチンの効果なのです。

 

そして、この遊離アミノ酸であるオルニチンが最も多く含まれているのが、シジミです。
シジミは100gあたり、10.7~15.3mgも含まれていることから、肝機能の改善に効果が期待できるのです。

アルコールと肝機能

飲み会イメージ

サラリーマンやオフィス・レディにとって、お酒はコミニケーションの必須アイテムと言われるほど、大切なもののようです。

 

でも、アルコールの摂り過ぎは、体にとって決していいものではありません。

 

と言うより、アルコールを過剰に飲み続けると寿命が短くなるのです。
そう言えば、昔は、近所にいつも酔っ払っているおじさんがおられましたが、確かに若死されています。

 

また、大国のロシアの平均寿命は、なんと、64歳です。
ちなみに、日本の男性の平均寿命は80歳です。
そして、さらに、ロシアの男性の約25%は55歳になるまで死んでいると言われているのです。

 

原因はお酒のウオッカだそうです。
ウオッカは、アルコール度数の高い飲み物で、世界最強と言われている「スピリタス ウオッカ」は96度もあるそうです。

 

さすが、お酒が好きでも、この96度もある、スピリタス ウオッカを飲み続けると長くは生きることは不可能だとおもいますよね。

 

アルコールの摂り過ぎは、肝臓疾患に必ずと言っていいほどなります。

 

爽快イメージ

そうならないために、シジミに含まれているオルニチンが威力を発揮してくれるのです。
オルニチンは、肝臓を守ってくれる、優れものです。

 

そして、連日連夜の仕事による、疲れを回復してくれる作用もあるのです。
また、朝の寝起きをスッキリさせてくれるのも、嬉しい効果です。

 

これは、全て、オルニチンの持つ、アミノ酸による働きなのです。
私たち人間は必ずストレスが関わりあって、体の調子を悪くしたり、無理をして仕事に没頭するなど・・・

 

その反動が胃や肝臓に負担を掛けてしまい、悪くなれば病気になってしまいます。
これを、解消するのが、協和発酵バイオの研究結果で生まれたオルニチンサプリです。

協和発酵バイオのオルニチン

オルニチンイメージ

協和発酵バイオの優れていると思われる点は、独自の発酵技術により、手軽に摂れるサプリメントにしたことです。

 

それは、1粒のサプリメントにシジミ約300個分のオルニチンが入っていると言うことです。

 

当然、食事でオルニチンを摂ることも可能ですが、シジミ300個と言う量は実際は不可能です。

 

そのために、サプリメントが生まれたのですが、協和発酵バイオのオルニチンは、シジミのエキスではなく、シジミに含まれているオルニチンだけをリメイク・・・つまり、作り出した肝機能強化サプリです。

 

サプリにすれば、毎日、手軽に飲むことが出来て、シジミ約300個を食することになります。

 

そこで、シジミ約300個も補給して、摂り過ぎじゃない?

 

と心配されると思いますが、協和発酵バイオのいオルニチンを1日6粒飲んでも、シジミ貝で計算すると、300個×6=1800個分と言うことになりますが、実際のオルニチン量では、800mg程度なので、摂り過ぎにはなりません。

 

それに、オルニチンはアミノ酸なので、もし過剰摂取しても、体内に蓄積されるものではなく、不要なものは体外へ排出されますのでご安心下さい。

 

元気の源である協和発酵バイオのオルニチンは、遊離アミノ酸を補給し、肝機能を助け、毎日の元気を取り戻してくれます。

 

おすすめする理由

よく言われていることですが、肝臓は沈黙の臓器です。
とにかく、肝臓は休みなしで働いてくれているのです。

 

そして、肝臓は、代謝が働くので、ある程度、障害を受けても、もとに戻ると言う柔軟性が備わっているのです。

肝臓イメージ

よって、少々乱暴にアルコールを飲み続けても、元にもどってくれるので、頼もしい臓器です。

 

でも、限度を越える障害があると、回復しないのです。
要するに肝不全になってしまうのです。
こうなると、残念ながら手遅れです。

 

この点は他の臓器と比べて自覚症状がないので、厄介な臓器とも言えます。
このような、性質の肝臓を守るには、毎日飲むサプリメントが有効に働いてくれるのです。

 

薬と違って、補助的に肝臓を守る働きが大切なのです。
他の臓器のように、痛くなったから、薬を服用すると言う訳には行かないのです。
だから、私は毎日お酒を飲んでいることから、その分、オルニチンで少しでも肝臓を労ることが必要だと思っているのです。

サプリメント効果

協和発酵バイオのオルニチンは、製薬会社が作っているサプリメントなので、安心して飲めますね。
でも、サプリメントと言っても、さまざまです。

 

サプリメントのイメージ

効果が無いものも普通にあります。

と言うことは、医薬品のように臨床試験を繰り返して作っていないものも実際あります。

 

このような、サプリメントが存在するから、信用性を失うことになったりするのです。

 

アメリカでは、医薬品よりも、サプリメントの方が出回っていて、普通に効果があるものとされています。

 

日本では、医薬品と食品に大きく分別していますが、アメリカでは、医薬品、サプリメント、食品の3つに分かれています。

 

また、アメリカでは、医療保険に加入する事が高額出費になるので、病気にならないように、常日頃、予防するサプリメントの方が売れていると言うことです。

 

つまり、予防医学としてサプリメントを使うという考えです。
このように、お国が変われば違ったものに変化しますね。

 

そこで、予防医学と言うことですが、薬(医薬品)は対処療法なので、悪くなったら飲むと言うことです。

 

それに反して、予防医学は、悪くならないように、前もって悪化しないように対策するということ・・・つまり、サプリメントが主役になります。

 

もちろん、生活習慣を改めることなので、サプリメントだけではなく、運動やストレス軽減などのメンタル面を含めて改善する必要があります。

 

それで、サプリメントは、食事療法の補助をすると言う役割を持っています。

 

先ほど、アミノ酸の補給のお話しをしましたが、9種類のアミノ酸である必須アミノ酸ですが、これは、体内で作り出すことが出来ないので、食事で補うことになります。

 

その食事で補うと言っても、バランスも考えなければ効果は出ません。
そこで、サプリメントであれば、不足していて、補わなければならないものを効率よく簡単に補うことが出来るのです。

 

これが、サプリメントのメリットになります。
このように、食事で得なければならないものを効果的に補給する役割のサプリメント効果は健康の助けになります。

 

但し、サプリメントは、長期に渡って飲まなければ、効果は発揮されない場合があるので、長い目で考えて飲まれることをおすすめします。

 

サプリメントを選ぶ基準

協和発酵の学会研究発表

 

サプリメントを買うとなれば、何を基準に決めますか?
例えば、しじみ成分のオルニチンを補給するサプリメントを選ぶとなれば、各社いろいろあります。

 

オルニチンだけではなく、亜鉛やタウリンなどが含んでいるものなど・・・
でも、多くの成分が含んでいても、それが、自分の体に反映して、実感することが出来るのか?

 

正直言って分からないと思います。
そこで、サプリメントを選ぶ基準は、会社の活動を見ることで分かります。

 

協和発酵バイオは、発酵技術の研究でアミノ酸を生み出した会社なので、常に研究と発表を繰り返しています。

 

このような、活動が常に行われている企業姿勢は、効果のあるサプリメントを作っていると確信出来るのです。
私はこのようなことを考えてサプリメントを選びます。

 

↓購入はこちらから↓


疲労回復効果 オルニチン 朝だ!スタート、スッキリ しじみの効果 口コミ・評判 オルニチンお試し500円