疲労と肝臓は、深い関係があります。

疲労ってどこから・・

疲労しているサラリーマン

疲れが溜まると、私達は何もできなくなり、動けなくなります。

疲労は、どのように襲ってくるのか?

 

もしかして、疲労は肝臓と関わりあっているの?・・・
・・・そうです、疲労と肝臓は深く関わりあっています。

 

では、どのように?・・詳しく説明しますね。

疲労感を脳が発信する

疲労で崩れたサラリーマン

疲労は、し過ぎになると起こります。

し過ぎ・・・つまり、どのようなことでも、限界があって、それを超えてしまうと、一気に疲労が襲ってきます。

 

例えば、食べ過ぎや飲み過ぎがあります。
これらは、肝臓が処理をしていますが、限界になると、処理不能になります。

 

すると、身体に疲労感が現れます。
疲労感は、「これ以上、不可能なので、休んでください。」といった危険信号です。

 

これは、脳からの信号によって、疲労感を生じさせるというメカニズムです。
つまり、疲労を感じると言うことは、正常に身体が防衛反応に入っているのです。

 

この時は、身体を休めることが必要になり、休むことでリセットされて、また、開始することが出来ます。

肝臓が疲労

疲労にはいくつかの種類があリます。
スポーツなどによる、筋肉疲労やストレスによる疲労、眼精疲労などです。

 

基本的に疲労は休むことで回復します。
疲労の適した対処法は、睡眠や休養をとることです。

 

肝臓が疲労

また、お風呂にゆっくりと入ることも疲労回復になります。

では、肝臓の疲労はどうでしょう。

 

肝臓は沈黙の臓器と言われるように、神経が無いため、自覚症状がありません。
よって、肝臓による、疲労感が無いのです。

 

それを、気にしないで暴飲、暴食、睡眠不足、ストレス過剰など、肝臓を酷使していると、肝機能が低下させます。
これが、肝臓疲労です。

 

疲労している

でも、直接に肝臓の痛みは発しませんが、他の部分で信号を発信して知らせようとします。

例えば、黄疸です。

 

黄疸(おうだん)とは、眼球や皮膚が黄色くなることです。
また、それ意外でも、身体がだるくなったり、食欲が無くなったり、手のひらが赤くなったりします。

 

これらを確認するには、血液検査で判明します。
肝臓は、解毒や代謝を仕事として行っていますが、疲労すると、十分に働くことが出来なくなり、毒素などが、蓄積することになります。

 

この、肝機能低下が多くの主要臓器や器官とつながっているので、身体全体に疲労を与えてしまいます。

肝臓疲労の主な原因

肝臓疲労の主な原因は・・

 

  • 暴飲・暴食
  • 運動不足
  • 過剰な筋肉運動
  • ストレスと睡眠不足

医者からのアドバイス

 

これらは、お酒などの飲み過ぎや、食べ過ぎ、そして、精神的なストレスと運動不足、又は過剰な筋肉運動などが原因ですが、オルニチンを補給することで、幾分かは改善の手立てとなります。

 

特に、アルコールでの肝臓の解毒は、かなりのエネルギーを使うので、疲労しないように、オルニチンを摂取することをお勧めします。
それには、協和発酵バイオのオルニチンで肝臓疲労の改善を目指しましょう。

 


疲労回復効果 オルニチン 朝だ!スタート、スッキリ しじみの効果 口コミ・評判 オルニチンお試し500円