肝臓が酸化することで老化が進みます、では、オルニチンの補給で老化を防ぐことが可能になる。

老化は肝臓から

老化の肝(きも)と呼ばれているのは、肝臓です。

老化

老化は、身体をサビさせる・・つまり、酸化することで起こります。

 

つまり、活性酸素が仕組んで来るのです。
その中で、どうして、肝臓が肝と言われるのでしょう?

 

肝臓は、私たちの原動力となるところだからです。
そして、肝臓がエネルギーを生み出しているからです。

 

その力となる重要な部分である肝臓が酸化されることによって、身体全体に影響を及ぼすことになります。
そして、肝臓は原動力となるエネルギーを生み出す機能だけでは無く、老廃物や危険な有毒物などを処理する機能も行っています。

 

例えば、アルコールや薬物などは肝臓の肝細胞で代謝させて、排出させる働きをしています。
このように、肝臓は体全体に必要とする栄養素などを常に供給していて、不要な害を与えるものも解毒化させているので、身体の中で、いちばん狙われる確率が高い臓器と言えるのです。

 

その狙われると言うより、肝臓が日夜活動していて、エネルギーとして、大量の酸素を消費しているところなので、活性酸素が多く発生しやすいと言うことになります。
これほど、大切な肝臓ですが、元気で無ければ、活性酸素にやられてしまいます。

 

常に、抗酸化力が不足しないように、肝臓の機能を高めて行くことが必要です。
よって、老化を防ぐには肝臓を元気にさせることが先決になります。

老化の原因である活性酸素

活性酸素

肝臓を酸化させる、活性酸素は、私たち普通に生活しているだけで、身体の中に老化の原因となる、活性酸素が侵入しています。

例えば、車の排気ガスやタバコ、アルコール、食品添加物、放射能物質、ストレス、偏った食事などです。

 

これらが、身体に入り込みますが、健康であれば、身体の抵抗力や免疫力が働いて解毒させて排出させます。
この、抵抗力や免疫力に関しても、肝臓の働きに通じているのです。

年齢による、老化

私たちだけでは無く、生きているもの全ては年齢が進むに連れて、身体の機能が衰えて行きます。
40歳を過ぎた頃から、酸化を防ぐ力が次第に低下してゆきます。

 

それは仕方ないことですが、若い頃と違って、酸化を防ぐ、酵素が減り出すからです。
つまり、酵素不足が原因で、老化が進むと言うことです。

 

酵素は、肝臓から作り出すエネルギーを送り込んだり、実際の作業を行う働きをします。
これが、不足すれば、当然、老化が加速することになります。

オルニチンで肝臓を助ける

このように、肝臓の機能低下を防ぐ働きをするのが、オルニチンを含むアミノ酸の働きです。
肝臓さえ、元気になれば、身体全体に送り出すエネルギーは、活発になり、抵抗力も高まり、代謝もアップします。

 

これが、老化を防ぐ、決め手となるのです。
もちろん、抗酸化作用のある、食事や適度な運動も必要で、ストレスを改善するとか、精神的にも健康思考に向かっていれば、老化は防ぐことは可能になります。

 

 


疲労回復効果 オルニチン 朝だ!スタート、スッキリ しじみの効果 口コミ・評判 オルニチンお試し500円