アミノ酸と遊離アミノ酸の働きはこれです。

アミノ酸と遊離アミノ酸

20%のアミノ酸

アミノ酸ですが、私たちの生命の源と言われています。それほど、重要なものです。

私たちの身体の6割から7割は水分です、そして、2割がタンパク質を含むアミノ酸なのです。

 

その、タンパク質を構成しているアミノ酸ですが、私たちの身体の中には20種類のアミノ酸でできています。

 

たった、20種類のアミノ酸ですが、内蔵や髪、皮膚のコラーゲン、筋肉、消化管、血液の中に存在するヘモグロビンなど、身体の中の組織を作っているのです。

 

そして、タンパク質と結びつかない、単独のアミノ酸も体内に存在していて、その一つが遊離アミノ酸です。
遊離アミノ酸については、トップページの「遊離アミノ酸とは?」で簡単に述べていますが、オルニチンやシトルリンは、遊離アミノ酸なのです。

遊離アミノ酸の働き

タンパク質にならないアミノ酸、つまり、遊離アミノ酸である、オルニチンは摂取されると、まず、腸で吸収されて、肝臓と腎臓、そして、筋肉などに運ばれます。

 

肝臓に存在する尿素回路(オルニチンサイクル)は、アンモニアと言う毒性の高い有害物質を代謝させる働きを持ちます。
(このオルニチンサイクルに関しては、このサイトの「オルニチン回路とは?」をご覧になって下さい。)

 

このオルニチン回路の働きは、機能が低下した肝臓の元気を取り戻す働きになります。
もちろん、オルニチンは遊離アミノ酸として、肝臓だけではなく体内をくまなく巡っているのです。

 

オルニチンで元気

アンモニアが原因としての疲労を回復出来るのも、オルニチンの働きによるものです。
その他、肝臓の働きは、栄養素を合成したり、分解、そして、貯蔵も行われています。

 

このことによって、疲労回復やアルコールによる二日酔い、運動などによる疲れの回復が期待できます。
要するに、遊離アミノ酸であるオルニチンの働きは、肝機能を向上させて、疲労全般に回復させる働きをするのです。

 

食品からオルニチンを摂る?

オルニチンが最も多く含まれている食品は「しじみ貝」と言うことはご存知だと思います。
しじみだけではなく、えのき茸も多く含まれています。

 

ひらめとしじみ

その他、ヒラメやキハタマグロにも含まれていますが、ごくわずかです。

また、オルニチンを食品で補うには、量的に難しいです。

 

しじみが最も多く含まれていますが、100g当たり、10mg以上摂取するには、しじみを約35個も食べなければならないことです。

 

まあ、1日や2日続けて食べる事は出来ても、ずっと続けることは物理的に不可能です。
また、実際のしじみには、コレステロールも意外と多く含まれています。

 

そして、オルニチンを簡単に補給するには、サプリメントが適切な方法になります。
協和発酵バイオのオルニチンはしじみそのものをエキスにしてサプリメントにしたものでは無く、しじみの持つオルニチンの成分を独自な発酵技術で生産された、安全なサプリメントなのです。

 

発売以来、120万人以上が愛飲されている、サプリメントなので、安心してお試し下さい。
きっと、実感出来る何かがあると思います。

 

 


疲労回復効果 オルニチン 朝だ!スタート、スッキリ しじみの効果 口コミ・評判 オルニチンお試し500円