アンモニア臭は肝機能低下の可能性がある、それには、協和発酵のオルニチンで解消

アンモニア臭の体臭が気になる

アンモニア臭がくさい

なぜか、アンモニアの臭いがする体臭が気になりだした。

これって、肝機能が低下していると言うこと?

 

そのようですね。

 

疲労から、肝機能が低下することが原因で、アンモニアの解毒機能が衰えてきます。

 

それが、血液に入り込んで、毛穴からアンモニア臭と汗が混ざって放出するのです。

 

肝機能が正常であれば、アンモニアは肝臓の解毒機能がしっかり働いて、尿素に分解されて、尿となって排出されるのです。

 

アンモニア臭ですが、このような、肝機能の低下が原因だと考えられますが、運動をすることでも、同じようなアンモニア臭を含んだ汗となって放ちます。

運動持久力の向上効果

激しい運動

運動をしている時には、筋肉を使ったりエネルギーを消費させます。

 

この、運動によって、汗をかいたりしますが、汗は塩辛く、また、体臭がアンモニア臭になります。

 

特に、普段、運動をしない人が急に運動をすると、筋肉に乳酸が溜まり出して、血液に流れ出します。

 

そして、血中乳酸濃度が高くなり、汗に乳酸が増え、更にアンモニアも増えるので、アンモニア臭の汗が出始めます。

 

この、アンモニアが発生すると、疲労の原因になるのです。
そこで、肝機能を助けるオルニチンですが、この、アンモニアを抑える働きをするのです。

 

アンモニアを抑えるとなると、疲労が軽減されるので、運動の持久力が上がることになります。
つまり、疲れ知らずで運動能力を向上させます。

 

と言うことは・・オルニチンを飲んでいると、新記録を生み出すことも可能だと言うことです。
持久力と言えば、長距離走のマラソンに期待出来そうですね。

アンモニア臭はサイン

身体の調子が悪い

アンモニアは、筋肉やエネルギーを使うことで、常に体内で発生しているものです。

 

でも、そのアンモニアの正常な処理を行う、肝臓が弱っていると分かれば、すぐにでも改善すべきです。

 

また、腸内環境にも、アンモニアは関係しています。
それは、便秘などで、腸が悪化した状態やお酒の飲み過ぎも影響を受けているのです。

 

よって、自分の体でアンモニア臭が気になったら、まずは、肝臓を休ませて回復させることを考える必要があります。

 

その対処の仕方は、疲労が原因であれば、まず、体を休ませることです。

 

十分な睡眠も大切です。
また、病院へ出向いての肝機能検査を受けることも良いでしょう。

 

また、運動でアンモニア臭を感じた場合は、急激な運動は避けることです。
そして、運動する前に有酸素運動から始めるのも良いと思います。

 

ただ、運動は汗をかいたりすると、ミネラルや鉄分が消費するので、スポーツドリンクを飲んで、水分補給する必要があります。

 

協和発酵バイオのオルニチン

協和発酵バイオオルニチン

アンモニアの上昇を抑える効果があるのが、オルニチンです。

つまり、血液中のアンモニア濃度を抑える働きをするので、疲労を軽減させます。

 

おすすめは、協和発酵バイオのオルニチンです。
協和発酵バイオのオルニチンは、しじみ300個分のオルニチンが配合されています。

 

よって、1日に400~800mgのオルニチンを摂ることが出来るのです。

 

しかも、初回の通販限定は、15日分のお試しが、通常価格、1543円のところ、67%OFFで、税込500円で購入出来ます。

 

150万人以上のリピーターが存在する、協和発酵バイオのオルニチンをお試しください。

 

↓2週間分500円の購入はこちらから↓

協和発酵バイオオルニチン お試し500円

 


疲労回復効果 オルニチン 朝だ!スタート、スッキリ しじみの効果 口コミ・評判 オルニチンお試し500円