糖質を減らす炭水化物ダイエットは肝臓の悪化につながる

糖質を減らすダイエットは肝臓に良くない

ケーキを眺める女性

ダイエットと言えば、炭水化物を減らすと良いと言われています。

つまり、糖質を減らすと効果的だということですね。

 

昔は脂質だと言われていましたが、今では、脂質ではなく糖質です。

 

この糖質を減らすダイエットは、簡単に出来ると言うことですが、危険性が伴います。

 

糖質を減らす・・つまり、炭水化物ダイエットと言われているようですが、厳密に言うと、低炭水化物ダイエットのことだと思います。

 

それに、炭水化物には、食物繊維が含まれています。
つまり、炭水化物は、糖質 + 食物繊維のことです。

 

その、食物繊維も減らすということでしょうか?
いや、実はそうではなくて、糖質だけを減らすということだと思います。

 

では、糖質を減らすのであれば、糖質ダイエット?
・・と思いますが・・・

 

何れにしても、糖質を全く摂らないダイエットではなく、糖質を減らすダイエットと言うことですね。
もちろん、糖質を減らすと、ダイエットは成功します。

 

でも、危険性を伴うので、ほどほどにと言うことですね。
ということで、今回は、炭水化物ダイエットは肝機能に悪い影響を及ぼす可能性があります。
これについてのレポートです。

炭水化物ダイエットは血糖値を操作させて痩せる

医者からのアドバイス

糖を制限する、炭水化物ダイエットですが、これは、血糖値の上昇を穏やかにさせることで、腎臓からのインスリンの分泌を抑制させます。

 

インスリンは、食後の血糖値の上昇を抑えるために分泌されます。

 

そして、インスリンは糖を蓄積させたり、脂肪の分解を妨げたりもするのです。

 

よって、インスリンの分泌が増えると、肥満になりやすいと言うことですね。
この、インスリンの分泌を低下させるには、糖の摂取を少なくすれば良いのです。

 

血糖値についてですが、私たちは食事をすると、血糖値が上がります。
特に、炭水化物を多く摂ると血糖値は上昇します。

 

この、血糖値が上がると先ほど述べたように、脂肪になりやすいということです。
また、急激に血糖値が上がると、インスリンの分泌によって、急激に下がります。

 

あまりにも急激に下がると、低血糖になります。

 

このように、低血糖になると、脳が糖を呼びこむことになるので、食欲が出るということになります。
つまり、肥満を呼んでしまうのです。

 

このように、糖と血糖値の関係が肥満に密接な関係があるということです。

糖質を極端に減らすと肝臓が危ない

肝臓が弱っている

正しい炭水化物ダイエットをしていれば問題ありませんが、極度な糖質制限をすると、肝臓を危険にさらすことになります。

 

ダイエットで糖質を減らしてゆくと、肝臓は、いままで蓄えていたグリコーゲンを分解して、ブドウ糖に戻したりして、糖質不足を補います。

 

肝臓の機能は、食事で得た栄養素を分解したり合成したり、そして、蓄えています。

 

この、肝機能の貯蔵する機能は、食料が途絶えた時の事を考えて備わっているのです。

 

そして、更に、糖質を制限してゆくと、蓄えが底をついてしまいます。
そうすると、今度は、糖新生を行ないます。

 

糖新生とは、筋肉を分解して足りないブドウ糖を作り出すと言うことです。
その原料は、アミノ酸、乳酸、そして、脂肪が消費することになります。

 

ここで、脂肪が使われることになるので、ダイエットは成功します。
また、肝臓からケトン体と言う物質が作られます。

 

これは、ブドウ糖が無くなった時に、身体が危険を察知して作られるもので、脳にエネルギーを供給する役目のものですが、血糖値やインスリンをコントロールするので、脂肪消費につながるのです。

 

このように、糖質を制限すると、ダイエットは可能になります。
ただ、この、糖質を減らすダイエットを繰り返していると、肝臓にダメージを与えてしまうのです。

 

それも、過剰なアルコールを摂った時と同じぐらいの肝臓への負担になり、肝機能が低下します。
肝機能が低下すると、まず、解毒作用が衰えることになります。

 

そうすると、疲労が続いたりして活力を失い、美容に於いても、シミや肌荒れの症状があらわれます。
よって、炭水化物ダイエットはあまりおすすめ出来ないダイエットです。

 

やはり、身体の機能を効率良くして、代謝をアップさせて、痩せる身体を目指す方が、健康を基本としてのダイエットなので、おすすめです。
決して、身体が必要とするものを制限するダイエットは良くないと思います。

 

そこで、血糖値の上昇を抑えて、インスリンの分泌負担を少なくする・・・
さらに、糖の吸収を抑えるダイエットをすれば健康にも良く、簡単に痩せることができるという事です。

 

そのダイエットは、2017年から密かに増えつつあるダイエット方法です。
それが、イヌリンダイエットです。

イヌリンで簡単にダイエット

イヌリンと言う成分

 

イヌリンってご存知でしょうか?

 

NHKの「ためしてガッテン」でイヌリンを紹介されてから、イヌリンというキーワードが血糖値やダイエットに関係するということで、話題になっていますね。

 

では、イヌリンって何?
ということですが、菊芋はご存知でしょうか?

 

お芋の仲間ですが、あまりスーパーでは売っていないので、ネットでパウダーにしたものやサプリメントを買われる方がほとんどだと思います。

 

そして、菊芋にはイヌリンという、糖質なのに食物繊維という風変わりな成分が含んでいるのです。
そのイヌリンが糖を抑制して腸内環境を整える、優れものです。

 

なので、イヌリンを補うと簡単にダイエットできるという事です。
では、その仕組みを紹介しますね。

 

イヌリンのダイエット効果

では、イヌリンのダイエット効果についてお話しします。
先ほど述べたようにイヌリンは糖質です。

 

つまり、多糖類ですが、 体内で分解されません。
それで、イヌリンはなぜ分解されないのか?

 

ということですが、私たちの体の中に、イヌリンを分解する酵素が存在しないからです。

 

なので、イヌリンは、 消化器管を容易に移動することが出来るということですが、小腸に移動すると、水分を吸収することによってゲル状に膨れ上がって糖質を抱え込む性質を持っています。

 

つまり、炭水化物など糖を含む食べ物を吸収される前にイヌリンが抱え込んで 一緒に腸内を進むことになります。

 

これが、糖の吸収を防ぐイヌリンの効果ですが、糖が吸収されないとなると、肥満にならない・・・ダイエット効果ということです。

 

イヌリンがフラクトオリゴ糖になる画像

 

イヌリンは腸内細菌の餌になって善玉菌を増やす

イヌリンは、糖を抱えて小腸から大腸に移ると腸内発酵によってフラクトオリゴ糖に変化します。

 

この、 フラクトオリゴ糖になると、善玉菌の餌になり、ビフィズス菌を増やす働きをします。・・・つまり、腸内環境を整える効果を発揮するのです。

 

腸内では、常に善玉菌と悪玉菌が争っているので、ここで善玉菌が優勢になると、体調を整えることが出来ます。

 

その結果、便通を回復させたり、さらに、血糖値に関係するインスリンの分泌スイッチを正常化させるのです。

 

これが、食後の血糖値の上昇を抑える働きをするということですが、腸がインスリンの分泌を促す働きをしていることは、意外と知られていないようですね。

 

それから、腸は第二の脳と呼ばれているだけあって、腸内環境を良くすることで、ダイエットや血糖値だけではなく、神経や精神的な安定にも良いようです。

 

それは、脳内の神経伝達物質である「セロトニン」という物質も腸で作られていると言われています。
よって、良質な睡眠やストレス軽減など、全て腸の状態で変わってくるということです。

 

それを、イヌリン補給で腸内環境を整えることができれば、簡単に健康的なダイエットにつながるということになりますね。

イヌリンプラスで糖を抑えて腸内環境を整えるダイエット

ルックルックイヌリンプラス

 

菊芋に含まれているイヌリンをサプリメントにしたものがイヌリンプラスです。

 

イヌリンプラスは、ルックルックという会社から販売されていますが、全て、天然の素材が使われているので、安心して飲むことができるサプリメントです。

 

肥満は、糖質による、血糖値の上昇が深く関係しているので、まず、イヌリンプラスで対策することをおすすめします。

 

そして、イヌリンプラスには1袋に食物繊維が46000mgも配合されています。
その、食物繊維が46000mgということは、レタスで153玉分に匹敵する量なので、凄く多く含まれているということですね。

 

さらに、イヌリンプラスのプラスということですが、イヌリン以外にナットウキナーゼや、玉ねぎ、桑の葉、サラシアなど、糖をブロックする素材がたっぷり含まれています。

 

これによって、血糖値の正常化を促して、健康的なダイエットを目指します。
今まで炭水化物ダイエットに挑戦してきたあなた・・

 

糖を極端に減らすと、結果的に体が不調になったりしてとっても危険です。
それより、イヌリンプラスをまず、試してみるのがいいと思いますよ。

 

↓イヌリンプラスの詳細と購入↓

ルックルックイヌリンプラス

 

 


疲労回復効果 オルニチン 朝だ!スタート、スッキリ しじみの効果 口コミ・評判 オルニチンお試し500円