オルニチンの効能、糖尿病の予防として、有効なのか?サプリの持つ使命は・・・

糖尿病にオルニチン

男性のイラスト

血糖値を気にしている方に、「オルニチンが良いみたい」とよく言われています。

では、本当はどうなのか?
糖尿病に関して調べてみました。

 

まずは、血糖値が高くなる病気が糖尿病です。
それには、ブドウ糖が関係してきます。

 

ブドウ糖とは・・

身体を活動させるエネルギー源となるのが、ブドウ糖です。
そのブドウ糖が血液の流れで、細胞に運ばれて臓器や筋肉て有効使用されているのですが、血液から、臓器や筋肉に運ばれなくなり、血液に留まっている状態を血糖値という数字で表したものです。

 

つまり、血糖値とは、ブドウ糖が血液中にどれぐらいあるかを示すものです。
この数字が高くなると、糖尿病と言う病気になり、全身のエネルギーが足りなくなってしまうのです。

 

そして、その、原因は血糖を下げるホルモンがあって、その名前が「インスリン」と呼ばれています。
インスリンが不足したりすると、ブドウ糖が細胞に入れなくなり血液の中に留まってしまいます。

 

オルニチンサプリメントは、アミノ酸が含まれているので、糖分の代謝を改善できることから、試す価値はあると思います。

 

糖尿病予防のオルニチン効果とは・・

オルニチンの糖尿病予防効果は、血管を拡げ血液をサラサラ状態にして、血液をより、スムーズに流れるように改善することです。

 

これは、高血圧症や動脈硬化に発展しないよう、予防策となります。
また、オルニチンは、インシュリンの分泌を促進します。

 

つまり、血糖値を下げて糖尿病の予防と改善をすることに期待出来るのです。

 

そして、糖化を抑制することも可能です。
これは、糖尿病合併症に発展することを抑える効果になります。

 

糖尿病の人はどれぐらい?

血液検査イラスト

立派な、生活習慣病である糖尿病患者ですが、厚生労働省のホームページで見ることが出来ます。

それを見ると、糖尿病の疑いがある人は約890万人もおられるのです。

 

しかも、ほとんど治療を受けたことがないと言う人が約40%もおられると言うことです。
糖尿病は肝臓と同じで、痛みなどの自覚症状が無いので、自分が糖尿病だと知らない人も結構おられることになります。

 

実際、検診を受けて、血糖値が高いことが知らされるケースが多いと言うこです。
こういった自分の血糖値が異常と言うことを知った時点で、改善策をしなければならないのです。
痛みが無いので放置する人もおられると思いますが、それは、危険行為なのです。

サプリメントの意味

サプリメント画像

糖尿病など病気は、身体のメカニズムによって、引き起こされてゆくのですが、まずは、予防が大切だと思います。

いざ、病気になってしまえば、治療に専念するしかありません。

 

そうならないように、日頃から予防すること・・つまり、気にかけることが大切です。
それには、サプリメントが適しているのです。

 

サプリメントは、不足しがちな栄養素などを、補うものなので、しっかり、地盤を固める意味で身体の健康を固めて行きましょう。

 

若い頃は、そういったことは必要無く、滅多に病気に発展することがあり得ないのですが、年齢を重ねることによって、次第に弱い部分から変化が起こってきます。

 

よく、サプリメントは効き目が分からないと言われたりしています。
確かに、そう言われればそうですが、薬では無いので、即効性には欠けます。

 

でも、続けてゆくうちに実感できるのです。
気がつけば〇〇◯・・とか、そういえば×××・・とか、以前とは違うと言うことに気がつくのです。

 

オルニチン画像

それが、サプリメントだと思います。

考えてみれば、血糖値に気になるまで、長年に渡って、暴飲暴食を続けて身体を酷使してきたとか・・・自分では、気がついていない不摂生をしてきたことが原因となって、糖尿病と言う病気に掛かってしまったと言うことなのです。

 

それは、それで、今となって、仕方ないことなので、これから、更に発展しないように食い止めることが必要です。

 

50万人も愛飲されている、協和発酵のオルニチンをじっくり飲み続けることで変化を期待しては如何でしょう。

 

↓購入はこちらから↓

協和発酵バイオオルニチン お試し500円

 

血糖値対策は植物性インスリンのグラシトール

ピニトールがGLUTを応援する

 

オルニチンの補給でも、インスリンの分泌を促したり、血管を広げたりしますが、今、話題の植物性インスリンはご存知でしょうか?

 

今までは、血糖値をコントロールするには、食後の高血糖を抑えるために、糖の吸収を行う、体内酵素の「α-グルコシターゼ」を阻害するサラシア配合のサプリメントが売られています。

 

グラシトールは、それとは違った、角度から血糖値をサポートする、植物性インスリン配合のサプリメントです。

 

報道ステーション

この、グラシトールは、以前、テレビ朝日の報道ステーションで取り上げられたことがあったので、それがきっかけとなって、評判になっていったようです。

 

それで、グラシトールですが、アイスプラント(ツブリナ)と言う植物に含まれている、ピニトールと言う成分が血糖値をコントルールするというものです。

 

その仕組みは、血液中のグリコースが細胞にうまく取り込めないので、高血糖になります。

 

その対応として、インスリンが分泌されますが、うまく行かない原因は、GULT4(グルコース・トランスポーター4)と言う糖を運ぶ輸送体の機能が衰えていることが考えられます。

 

そこで、グラシトールに配合されている、ピニトールは、GULT4に働きかけることによって、インスリン抵抗性のサポートを目指します。

 

GULT4は、ブドウ糖を細胞へ送る役目をしているので、この機能が衰えていると、いくら、インスリンが分泌されていても、高い血糖を下げることができないのです。

 

インスリン抵抗性の改善を考えるには、ピニトール配合のグラシトールをおすすめします。

 

↓グラシトールの詳細はこちら↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


疲労回復効果 オルニチン 朝だ!スタート、スッキリ しじみの効果 口コミ・評判 オルニチンお試し500円