脂肪肝を治す方法は、ダイエットから取組みましょう

脂肪肝とは

脂肪肝なのかお腹が気になる

脂肪肝ですが、最近になって、30代~40代に多いと言われている病気ですね。

主に、食べ過ぎや飲み過ぎが原因で、肝臓にコレステロールや中性脂肪が溜まった肥満のことです。

 

その、脂肪肝であると決まるのは、5%以上、脂肪が含んでいることです。
健康な肝臓の脂肪は3%~5%なので、微妙な感じがします。

 

でも、アルコール性肝脂肪の場合は、肝硬変に発展することがありますので注意が必要です。

 

それで、この、脂肪肝は、ほとんど自覚症状が無いので、健康診断で発見されることが多くあります。

脂肪肝を治すには、ダイエット

脂肪肝を治す方法ですが、まず、原因を確認することが必要です。
脂肪肝の原因は、アルコールの飲み過ぎ、肥満、運動不足、そして、糖尿病などです。

 

そして、肝臓の肥満なので、ダイエットが必要となります。

アルコール

と言っても、ただ単に体重を減らすのではなく、食事と運動のことを考えて体脂肪を減らす必要があります。

 

ダイエットと言えば、カロリーを控えることを考えて食事制限を思い浮かびますが、肝臓に負担がかかるダイエットは良くありません。

 

単純に体重を減らすのでは無くて、体脂肪をエネルギー化することをイメージすることが良いと思います。

 

また、運動もハードな運動は危険なので、決してしてはいけません。
それで、具体的なダイエットは、食事と運動です。

ダイエットにつながる食事

脂肪肝対策の食事

脂肪肝の改善は、まず、アルコールを飲み過ぎないことです。

アルコール摂取は、肝臓が解毒させるエネルギーをかなり多く使います。

 

よって、出来るだけ肝臓の負担にならないことが必要です。
休肝日は、週に2日以上設けることがベストです。

 

食事は、低脂肪、低カロリーのものを選んで食べるように心がけることです。
魚や大豆などの良質なタンパク質を摂ること、そして、ビタミンやミネラル、食物繊維などをバランス良く食べるようにしましょう。

ダイエットにつながる運動

ウォーキング

運動は、有酸素運動がオススメです。

特に、速めのウォーキングがダイエット効果につながります。

 

脂肪肝の改善は、週250分以上のウォーキングをする、と効果があると、筑波大学の研究グループが発表しています。
これは、偶然、テレビのニュース番組で得た情報ですが、毎日、36分以上、早めのウォーキングをすることが効果をもたらすことになります。

 

毎日となると、厳しいと思いますが、何よりも無料でできる治療だと考えて行うことが改善につながるのです。
このウォーキングは、実際、肝臓に溜まった脂肪が減りだし、善玉のコレステロールが増えだして脂肪肝をケアするのです。

 

そして、もう一つオススメなのが、協和発酵のオルニチンです。
協和発酵のオルニチンは、当サイトの「非アルコール性脂肪肝炎(NASH)はオルニチンが抑える」で述べていますが、オルニチン研究会で脂肪肝の進行を抑え、脂質代謝促進に効果が認められたと報告されています。

 

脂肪肝は、肝機能を改善するオルニチンと、食事、運動、この3つを毎日実行することで改善されます。
是非、実行して頂ければと思います。

 

↓2週間分500円の購入はこちらから↓

協和発酵バイオオルニチン お試し500円

 


疲労回復効果 オルニチン 朝だ!スタート、スッキリ しじみの効果 口コミ・評判 オルニチンお試し500円