国民病である肝臓病を予防する協和発酵のオルニチン

肝機能の数値異常

肝機能検査数値

夏が過ぎて、秋になると、健康診断の季節です。

今、国民病と呼ばれているのが、肝臓の異常による病気です。

 

肝臓の病気は、お酒と深く関わりあっているので、お酒を飲まない方は関係無いと思われがちですが、実は、お酒を飲まない方でも肝臓病の疑いがあるケースが多くあります。

 

統計では、人間ドックを受けた3人に1人は肝臓の異常が発見されているそうです。

 

肝機能検査と言えば、1)ALT、2)AST、3)γ-GTPの数値異常です。

 

では、これらの数値異常の原因は?・・と言えば、食べ過ぎとストレス、そして、運動不足です。
この3つがお酒を飲んでいる人と同じように、肝機能異常になっているのです。

 

当然、肝機能を改善するには、これらの3つの事の逆をすれば、良いと言うことになります。
つまり、生活習慣を改めることになります。

 

そして、肝臓も自己回復力を備わっているので、サプリメントである、協和発酵のオルニチンを補給することで改善出来るのです。

オルニチン回路の低迷

オルニチン回路

肝機能検査の、ALT、AST、γ-GTPの数値異常は、オルニチン回路が低迷していると思われます。

 

肝機能の代表的な働きである、オルニチン回路は、解毒作用と言って、食べ過ぎ・・つまり、高タンパク質なものを過剰に食べると、それを分解するのが、肝臓で、オルニチンが分解して、無毒化させていますが、その機能が弱っていることになります。

 

あまりにも、解毒させる作業が多過ぎて、対応できなくなるのです。
それが、数値となって表面化されるのです。

 

それで、ALTやASTの数値が高い場合は、脂肪肝や肝炎の疑いがあり、γ-GTPの数値が高い場合は、アルコール性肝障害の疑いがあると考えられます。
また、最近、肝臓病は、男性よりも女性の割合が増えていると言われています。

 

それは、女性の年齢が高くなるにつれて、肝機能の異常が多くなっているからです。
原因は、糖質の摂り過ぎや運動不足が脂肪となって肝臓に付いてしまうのです。

沈黙の臓器が沈黙を破った

肝臓からのサイン

肝臓は沈黙の臓器と言われています。

つまり、少々の事で弱音を吐かない臓器なので、痛みを感じさせないのです。

 

だから、毎日、お酒を欠かさず飲んでいても、痛みを伴って表には出しません。
その、沈黙の臓器である、肝臓が沈黙を破る場合があります。

 

それは、肝脂肪です。
肝臓に脂肪が蓄積された状態になると、疲労感が出たり身体がだるくなったりします。

 

そして、眠っても、疲れがリセットされなくなるのです。
このような、症状を感じたら、すぐにでも医療機関で検査を受けることをおすすめします。

協和発酵のオルニチンの効果

協和発酵オルニチン

協和発酵のオルニチンは、解毒作用のオルニチン回路を活発にして肝臓全体の機能を高めます。

 

これによって、肝機能検査での異常数値を極力抑える効果をもたらします。

 

この、オルニチン効果は、オルニチン回路を活発化させる事で、ミトコンドリアの働きを助け、肝臓全体の機能の負担を軽減させるのです。

 

このように、肝機能の助けにより、過剰なアルコール摂取でも、余裕をもって、解毒させるので、二日酔いの防止や朝の目覚めをスッキリさせる結果となります。

 

 


疲労回復効果 オルニチン 朝だ!スタート、スッキリ しじみの効果 口コミ・評判 オルニチンお試し500円