オルニチンはいつ飲めば、効果的なのか?飲み方と飲むタイミングと副作用は?

協和発酵オルニチンの飲み方と飲むタイミング

眠りイラスト

オルニチンの飲み方と飲むタイミングですが、普通のサプリメントと違って、より、有効に働かせる飲み方があります。

 

それは、成長ホルモンが活発になる時に飲むことが、より、効果が発揮すると言われています。

 

そして、協和発酵オルニチンの効果で成長ホルモンを分泌して促進させる作用を狙ったものなんです。

 

でも、いろいろ調べてみると、圧倒的に多い意見は、吸収率を考えて、空腹時がいちばん良い言われています。

 

また、成長ホルモンは、眠っている間に活動するので、眠る前が良いとも言われています・・が・・・

 

成長ホルモンのタイミングに焦点を合わせると、朝になります。

 

厳密に言うと,朝食の30分ほど前が良いのです。

 

成長ホルモンは眠っている時間帯ですが、血糖値が関係してくるのです。

 

それは、夕食を済ませた状態から血糖値が上がり始めます。

 

例えば、午後7時ごろに食事をすると、それから、約2時間ぐらい掛けて血糖値が上昇し始めます。

 

朝食イラスト

そして、次第に下がり始めるのですが、約6時間ぐらいかかります。

 

よって、食後最低6時間は空けることがオススメになります。

 

細かく言うと、午後7時であれば、午前1時になりますが、眠っているので、朝の食事の前に飲むのが良いと言う事になります。

 

但し、朝の食後になると、再び、血糖値が上昇するので、食事前が良いのです。

 

協和発酵オルニチンはサプリメントなので、基本的にいつ飲んでも問題はありませんが、より、有効的に考えると朝食前になります。

 

↓協和発酵バイオ500円オルニチンはこちら

オルニチンは1日にどれだけ摂ればいい?

しじみイラスト

もともと、オルニチンは身体の中で作られるアミノ酸なので、摂取する制限はありません。

でも、目安を決めると、1日約400mgから1000mgです。

 

これを、しじみで換算すると、400mgでは、1200個以上と言うことになります。

 

いくら、しじみがいちばんオルニチンを多く含まれていると言っても、100g当たりで10.7~15.3mgぐらいしか含まれていないのです。

 

協和発酵バイオのオルニチンは、1日6粒服用することが適しています。

 

それ以上、飲んだからといって効き目は変わらないので、適用数をお守りください。

 

オルニチンの副作用

オルニチンサプリ

オルニチンの副作用は、しじみなどに含まれているもので、随分前から食べられてきたものなので、問題ありません。

 

そして、協和発酵バイオのオルニチンは、しじみをそのもののエキスでは無く、発酵技術でしじみに含まれているオルニチン、そのものを作り出しているサプリメントです。

 

よって、しじみの持つ、デメリット・・・例えば鉄分が肝臓に与える作用もありませんし、しじみ、そのものは、意外とコレステロールが高いですが、サプリメントは、そういった、デメリットになるものは除外しているので安心して摂取出来ます。

 

でも、過度な摂り過ぎはお薦めできません。
あくまでも、適量をお守りください。

 

医者イラスト

ちなみに、1日10g以上摂った場合、過剰摂取と言うことで、消化管に悪影響を与え、下痢や腹痛になることもあります。

 

協和発酵のオルニチンは、1日6粒が適量なので、これを守っていただければ、全く問題ありません。

 

それから、他の薬との併用ですが、この点は、通院されている医療機関に相談していただければと思います。

 

また、「お子様に服用しても大丈夫か?」と言うご質問に関しては、問題ありませんが、あくまで、成人向けのサプリメントなので、お子さんには、おすすめしません。

オルニチン効果を実感するには

協和発酵バイオのオルニチンは、上記の項目でおおよその内容はご理解頂いたと思います。
では、実際、オルニチン効果を実感するには、どのようなことが重要なポイントになるかをお話します。

 

まず、オルニチンが必要と思われる方は・・

 

    このような悩みを解決します。

  • 少しのお酒で二日酔いになってしまう
  • 元気がでない
  • 最近、疲れが取れにくくなった
  • 目覚めが良くない
  • お酒はずっと飲んでいたい
  • 健康診断で肝機能数値が要注意になった

 

このようなことが気になりだしたら、オルニチンを補給されることおすすめします。。
その理由は、肝臓がすべて関わりあっていて、その肝機能の低下による症状だからです。

 

少しのお酒で二日酔いになってしまう

 

これは、年齢とともにお酒に弱くなる傾向があります。
つまり、肝機能が低くなっているので、アルコールの分解能力が低下します。

 

これによって、血中のアルコール濃度が上昇したまま、翌日になっても持ち込んでしまうからです。

 

結論から先に言うと・・この、肝機能のアルコールの処理能力を上げるには、オルニチンの補給で肝臓を強化して、肝機能のアルコール解毒作用を上げることで期待出来ます。

 

肝臓が元気であれば、肝機能のアルコールの処理能力を上げることが可能になります。
でも、今は、昔と違って、なぜか、お酒に弱くなっている。

 

つまり、少しのお酒でも、翌日に響いて来るということですね。
これは、血中のアルコール濃度が上昇して、時間と共の、血中濃度が下がるのですが、この、下がるのも時間が掛かってしまうので、翌日になっても、アルコールが抜けないということです。

 

まさに肝臓機能が低下していると言えます。
肝機能は、お酒のアルコールによる、有害物質(アセトアルデヒド)を解毒させますが、肝機能低下によって、不十分な解毒で終わってしまっていると言うことです。

 

これは、オルニチンを補給することで、有害物質のアセトアルデヒドをいち早く解毒させて、アルコール性疲労を改善させます。

 

この効果に関しては、実際、お酒に弱い方、男女16人を対象に試験した結果、オルニチンの1回の摂取でアルコール性疲労の改善が見られたとのことです。

 

試験方法は、オルニチンを800mg摂取し、体重1kgに対して10mlのビールを30分で飲み、再度、オルニチンを800mg摂取、その後、3時間安静にて、夕食を摂り、就寝に至るという試験です。

 

そして、翌朝になって、アンケート調査を行った結果、16人中、13人の方が疲労していない・・つまり、アルコール濃度が回復していると言う実験結果です。
もちろん、同じ試験でプラセボ効果も実施しています。

 

 

元気がでない、最近、疲れが取れにくくなった

 

元気が出ない・・疲れた

元気が出ないのは、疲労が溜まっていて気力を失われた状態のことをいいます。

 

これも、お酒の飲み過ぎやストレス、過剰な労働や運動が原因ですが、代謝させたり、解毒するはずの肝臓が処理しきれない状態になっていると思われます。

 

この、肝臓の疲労信号が脳に伝達するので、「ああ、疲れた・・」と感じて、元気がでなくなります。
これも、オルニチンサイクルの機能を活発化することで解消出来ます。

 

オルニチンサイクル(回路)は尿素回路と言って、疲労の原因である、アンモニアを分解させて、尿酸、そして、尿素に代謝して、腎臓へ送られて、無毒化して体外へ排出されます。

 

これにより、身体をリセットさせて肝機能も正常に保つことが出来るのです。

 

目覚めが良くない

 

目覚めが悪い

オルニチンの補給でいちばん実感しやすい効果が、目覚めが良くなることです。

 

アンケートで、この、目覚めを改善したと答えた人は、オルニチンを飲みだして、早い人は、2日~3日で実感出来たと答えていらっしゃいます。

 

これが、効果に直結した働きがある、オルニチンです。
その秘密は、オルニチンは、アミノ酸ですが、遊離アミノ酸なので、タンパク質に合成すること無く、単独で働きます。

 

つまり、腸で吸収されて、肝臓と腎臓、筋肉などに直行します。
そして、肝臓では、肝機能の低下を改善するオルニチンサイクルの強化に威力を発揮するのです。
この、効果が朝の目覚めの改善に効果をもたらすのです。

 

協和発酵バイオのオルンチン効果

協和発酵バイオオルニチン

これからも、ずっと、お酒を飲んでいたい・・・でも、健康診断で肝機能数値が良くない結果になった。

それは、大変です。

 

すぐにでも、肝臓に良くないお酒を中止して、肝臓をいたわることが必要です。

 

肝機能数値にもよりますが、まず、協和発酵バイオのオルニチンをお試し下さい。

 

協和発酵バイオのオルニチンは、しじみに含まれているオルニチンを独自の発酵技術で作り上げたリメイクサプリメントです。
しじみのエキスをサプリメントにしたものではありません。

 

よって、肝炎や肝硬変に良くないと言われている鉄は含んでおりません。

 

但し、協和発酵バイオのオルンチンは、医薬品では無く、あくまで、サプリメントなので、補助的に効果を発揮するものです。
また、飲み続けることで大きなチカラになりますので、継続して飲むことが必要です。

 

↓購入はこちらから↓

協和発酵バイオオルニチン お試し500円


疲労回復効果 オルニチン 朝だ!スタート、スッキリ しじみの効果 口コミ・評判 オルニチンお試し500円