ステラ漢方の肝パワーで中性脂肪を減らす

肝パワーeプラスで中性脂肪を減らす

肝パワーeプラス

肝機能を強化や予防は、しじみエキス配合の「しじみん」や「しじみ習慣」・・・

 

そして、協和発酵バイオのオルニチンなどが高い評判を得ていますが、中性脂肪の対策となると・・

 

肝パワーeプラスをおすすめします。
その理由は、素材です。

 

肝パワーeプラスに含まれている、代表的な3つの素材が中性脂肪の対策に働きかけます。
その代表的な3つの素材とは、亜鉛やタウリンが豊富に含まれている、牡蠣エキス

 

血管の拡張作用や代謝を活性化させる、ジャンボにんにくと南高梅です。
もちろん、中性脂肪と言えば、EPA・DHAが挙げられますが、EPAだけで果たして中性脂肪の対策になるのか?

 

最近、これについて、疑問を抱き始めたのです。

中性脂肪を減らすには何をすれば良い?

ポッコリお腹

中性脂肪を減らすには、運動と食生活の改善が先決です。

 

これを、サプリメントで補うという手もありますが、サプリメントはあくまで、補助的なものです。

 

よって、ついてしまった中性脂肪を減らすには、今までの生活環境を変える必要があるのです。
そこで、肝パワーeプラスですが・・・

 

・・と言うと、これって、サプリメントなので、サプリメントはあくまで、補助的なものでしょ・・
今まで述べていたことが矛盾するんじゃない?

 

・・そうですね・・
サプリメントは補助的なものなのに、どうして?肝パワーeプラスなの?

 

もちろん、肝パワーeプラスはサプリメントですが、食事に値するぐらいの良質な素材を使っているのです。
食事に値するぐらいの素材って何?・・・

 

例えば、血圧に良いと言われている、にんにくですが、長野県産のジャンボにんにくを使っています。
そのジャンボにんにくは最高級の素材なのです。

 

ジャンボニンニクの栄養価

 

最高級の素材とは、他のにんにくと比べて、栄養成分が断トツに多く含まれているということです。
そして、特殊な製法で作られています。

 

一般的なにんにくサプリの製法は、にんにくのエキス末を抽出しています。
エキス末はたくさんの水分や不純物、そして、デキストリンなどの添加物などが含まれている場合があります。

 

これに対して、フルーズドライ製法は、にんにくの栄養価を壊すこと無く濃縮しています。
肝パワーeプラスは、この、フルーズドライ製法なので、添加物を一切含まない、純度100%のにんにく、そのままを凝縮されているのです。

 

よって、食事で栄養分を補給するのと、同じようなことが可能になるのです。

亜鉛の中性脂肪への効果

牡蠣

牡蠣に含まれている亜鉛は、体重の減少と中性脂肪の低減に役立つことが分かってきました。

 

これは、イランのタブリーズ大学の研究グループがTG(トリグリセリド)の低下やダイエット効果があるとの発表で示されたからです。

 

TGと言えば、健康診断での中性脂肪値の事をいいます。
これは、食事で得た脂質は小腸で吸収されて、血液に入り生命維持となりますが、余った脂肪は中性脂肪となって蓄積されます。

 

それで、この中性脂肪数値はTGという項目で表示されるのです。
(検診でのTGは、肝臓に取り込まれた脂肪が血液に分泌された中性脂肪の値です)

 

中性脂肪値は炭水化物を多く摂ったり、お酒などのアルコールを飲むことで増加します。

 

もちろん、この中性脂肪が高いと良くないですが、ある程度の数値は必要です。
中性脂肪の基準値は、150mg/dlです。

 

この数値より上回っていると、注意が必要です。
ところで、亜鉛は、食欲を抑制する働きがあるので、中性脂肪の対策になります。

 

そして、それだけではなく、アルコール代謝や免疫機能を維持させます。
免疫機能と言えば、DNAやタンパク質の合成に亜鉛は無くてはならない成分です。

 

亜鉛が不足すると、NK細胞やT細胞の働きが低迷するので、免疫力が低下します。
更に、亜鉛は、血糖値の正常化にも関係しているのです。

 

中性脂肪が過剰に蓄積されると、インスリン生成が低くなります。
これは、「食後高血糖」と呼ばれていて、食後に肝臓へ糖が入り込んでも肝機能が働かず、血糖値が下がらない状態になります。

 

そこで、腎臓がインスリンの分泌を高めますが、限度を超えると腎臓自体がダメージを受けて、インスリンの分泌する機能が衰えてきます。

 

こうなる前に、対策が必要ですが、常に予防として、亜鉛を摂ることで、防げる可能性はあります。

 

インスリンは亜鉛を構成させている成分でもあるので、中性脂肪の蓄積も解決する手立てとなるのです。
このようなことから、中性脂肪対策に亜鉛は欠かせない成分の一つなのです。

肝パワーeプラスは、亜鉛をキレートして吸収率をアップする

キレート処理を考える研究員

亜鉛は、体内での吸収率はあまり高くありません。

また、食べ合わせによって、体外へ排出されることもあります。

 

例えばコーヒーやカルシウム、タンパク質などと一緒に摂ると吸収を妨げると言われています。

 

そこで、亜鉛をより効果的にするには、キレートすれば良いと言うことです。

 

キレートとは、ミネラルイオンが2分子のところ、3分子のアミノ酸で囲まれた状態のことを言いますが、これって、よく分からないので、簡単に言うと、吸収しやすいように工夫されていることです。

 

亜鉛はクエン酸やビタミンCと一緒に摂ることによって、キレートされるので体内吸収率をアップさせることが出来ます。

 

つまり、肝パワーeプラスは、亜鉛の吸収を高めるために、クエン酸とビタミンCが豊富な南高梅が含まれているのです。

 

これによって、亜鉛の体内吸収率がアップし、より効果的に働きかけることができます。

 

このように、肝パワーeプラスの厳選された素材が、肝臓の中性脂肪の対策だけではなく、身体全体の機能に働きかける優れものなのです。

 

↓肝パワーeプラスの公式通販サイトはこちら↓

 

 

↓肝パワー関係ブログはこちら↓

肝パワーeプラス 肝臓強化サプリ効果

関連ページ

肝パワーeプラス 楽天が激安なの?
今、話題の肝臓ケアサプリの、肝パワーeプラスですが、楽天が激安で買えるのか?それともAmazon・・店頭販売はしているのか?・・今回は、肝パワーeプラスの激安購入についてレポートしました。

疲労回復効果 オルニチン 朝だ!スタート、スッキリ しじみの効果 口コミ・評判 オルニチンお試し500円