協和発酵バイオのオルニチンは、腎臓にも優れた効果をもたらします。

オルニチンは、肝臓だけではなく腎臓にも効果があります。

腎臓

協和発酵バイオのオルニチンですが、二日酔いの改善・・目覚めが良くなった・・など、好評ですが、オルニチンは肝臓だけではなく、腎臓にも優れた効果をもたらします。

 

今回は、協和発酵バイオのオルニチンの腎臓の効果についてレポートしますね。

 

オルニチンの効果と言うか・・仕事は、アルコールなどの、有害物質の解毒処理ですね。

 

私たちは、お酒を飲んだり、美味しいものなど、たくさん食べたりします。

 

特に、お酒が入ると、体の調子など、考えずに酔った勢いもあると思いますが、過剰に暴飲・暴食をしてしまうことがあります。

 

これらが体に与えるダメージを出来るだけ少なくしてくれるのが、肝臓です。

 

肝機能の働きの、オルニチンサイクルによって、解毒をしてくれるので、飲んだ翌朝には、体の疲れがリセットされて、今日も飲みまくろうということになったりします。
これって、肝臓・・・大丈夫なのか?

 

心配したりしませんか?

 

今、お酒を飲んでいないので、肝臓に感謝したい気持ちですが、一旦、お酒が入ると、肝臓のことなんか忘れてしまい、とことん、飲んだりして、体調が悪い時には、疲労が残って、もう、お酒は控えた方が良いよね・・・
と思ったりします。

 

それで、肝臓はオルニチンが守ってくれますが、腎臓にも効果は及んでいるのです。
協和発酵バイオのオルニチンを摂取すると、腸で吸収された後、肝臓、そして、腎臓、筋肉などに移動します。

 

先ほどのお酒などの解毒は、肝臓でのオルニチンサイクルが稼働することで処理しています。
そして、腎臓ですが、正常な腎臓の働きは、オルニチンサイクルの産生と処理が問題なく行わなければならないのです。

 

今回は腎臓へのオルニチン効果についてレポートします。

腎臓とオルニチン

腎臓の機能を説明するナース

腎臓も肝臓同様に、アンモニアなどの有害物質を分解させる機能を持っています。

 

アルコールなどの、有害物質を分解させた後、尿素に変化させて、尿となって体外へ排出されます。

 

これらの処理は、肝臓と協力しあって行っています。
でも、極端にアンモニア量が多い場合や肝機能が衰えている場合は、アンモニアの解毒作業が不十分になります。

 

その、解毒が不十分な場合は、腎臓に負担が掛かってしまうのです。

 

腎臓も解毒させますが、解毒された老廃物を濾過して、尿として排出する仕事が出来なくなってしまいます。

 

これが、うまく行かないということになると、腎機能も衰えてしまい、クレアチニン数値が異常になったりします。

 

そこで、しじみに含まれているオルニチンの補給でこれらの改善を目指すのです。

 

まず、オルニチンは、肝機能の改善に働きかけますが、オルニチンサイクルを司っているのは、細胞内のミトコンドリアです。

 

この、ミトコンドリアをオルニチン補給で活性化させて、肝機能の改善をするということです。

クレアチニン検査

クレアチニンの血液検査

先ほどの、クレアチニン数値が出てきましたが、これは、腎臓の検査での、クレアチニン検査の事をいいます。

これは、腎臓の機能の状態をみることが出来ます。

 

腎機能は、肝臓で解毒されたものを、濾過して、老廃物となって体外へ排出させますが、腎臓に異常があると、濾過することが出来ず、血液中に吸収されるのです。

 

よって、血液検査でクレアチニンが溶け込んでいる数値を見ることで、腎機能の状態を判断することが出来るということです。
クレアチニンは、アミノ酸の一種で簡単に言うと老廃物です。

 

合成されるのは、肝臓や腎臓、そして、脾臓で、アミノ酸のアルギニンやグリシンなどからです。
更に、クレアチニンは、筋肉を動かすために必要なエネルギーなのです。

 

このように、オルニチンは、肝臓だけではなく、腎臓にも深く関係を持っています。
協和発酵バイオのオルニチンは、これらの臓器を助ける働きに期待出来るサプリメントです。

 

年齢とともに、体の調子が良くない、疲れが気になる・・・など、500円で試せる、オルニチンをお試しになってはいかがでしょう。

 

↓購入はこちらから↓

協和発酵バイオオルニチン お試し500円

 

 


疲労回復効果 オルニチン 朝だ!スタート、スッキリ しじみの効果 口コミ・評判 オルニチンお試し500円