肝臓と疲労の以外な関係を分かりやすく解説

肝臓と疲労にはとても深い関わりがある

肝臓と疲労の関係とは・・

夜更かしが続いたり、ストレスがたまると疲れるという経験は誰しもあることだと思いますが、これには肝臓が深く関わっているというのをご存知でしょうか。

肝臓には非常に多くの働きがあります。

 

食べ過ぎや飲みすぎ、睡眠不足、ストレスや運動のしすぎなどは肝臓の酷使につながり、これによって肝臓の機能が低下すると、代謝や解毒といった役割を果たすことができなくなってしまいます。

 

その結果、エネルギー不足や毒素が蓄積されてしまうと、身体は脳に疲労サインを送り、私たちは疲れたと感じることになるのです。

 

また、肝臓は腹部内の多くの主要臓器とつながっているので、肝臓の機能が低下してしまえば全身身体のあちこちに影響し、疲労に直結することは容易に想像できるでしょう。

肝臓を疲れさせる原因

肝臓を疲れさせる要因としてあげられるのは食べすぎ、アルコールの過剰摂取、運動不足、また逆に運動のしすぎ、睡眠不足、ストレスなどがあげられます。

お酒の飲みすぎ

ひとつずつ、肝臓へどのような負担があるのか見ていきましょう。

 

食べすぎは過剰な栄養の摂取につながり、肝臓はその処理に追われます。
タンパク質の分解によって毒性物質が発生してしまうほか、アンモニアによりエネルギー産生サイクルを阻害されてします。

 

アルコールの過剰摂取はアルコールの分解時に毒性の高い物質が発生し、またアルデヒドにより幹細胞内のミトコンドリアの機能が低下してしまいます。

 

運動不足は血液循環を悪くし、過剰な運動はアンモニアを増加させ、それによりエネルギー産生サイクルが阻害されてしまいます。

 

睡眠不足、精神的ストレスは交感神経を緊張させ、肝臓に余計な負担をかけてしまいます。

肝臓を元気に保つために

肝臓が元気

肝臓の働きを助ける食品としてはしじみが有名です。

しじみに含まれるオルニチンという成分がその理由です。

 

オルニチンはアミノ酸の一種で、肝臓の働きを保ち、疲労回復をもたらしてくれるといわれています。

 

オルニチンを摂取すると、腸で吸収され、肝臓や腎臓、筋肉などに運ばれます。
肝臓にたどり着くと、アンモニアの解毒を促進してくれます。

 

アンモニアは生命活動のエネルギーとなるATPの産生や、脳を動かす主要なエネルギーであるグルコースの生成を妨げる物質です。

 

この解毒を助けることによって、肝臓の働きをよくしてくれるのです。
こういった効果を得るためには、一定の量のオルニチンを摂取する必要があります。

 

食材から毎日摂取するのは難しいので、協和発酵バイオ オルニチンなどのサプリをうまく利用するといいでしょう。

 

<

↓2週間分500円の購入はこちらから↓

協和発酵バイオオルニチン お試し500円

 

 

 


疲労回復効果 オルニチン 朝だ!スタート、スッキリ しじみの効果 口コミ・評判 オルニチンお試し500円