アルギニンはメタボ対策と美容効果に特化したアミノ酸

アルギニンとメタボ対策

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進するアミノ酸ですが、実は、メタボ対策と美容効果にも効果を発揮するのです。

メタボリックシンドローム

 

それで、メタボリックシンドロームの予防対策に効果的なんですが、このメタボが引き金となって糖尿病や動脈硬化、そして、脳梗塞、高血圧症などに発展するケースが多く、生活習慣病はメタボが原因と言われています。

 

もちろん、原因の全てがメタボではありませんが、陥りやすいケースなんです。
そこで、アルギニンの効果で予防することが可能なんです。

 

その理由を言うと、アルギニンは、血管の老化をくいとめる働きを持っているからです。
その仕組みは、血管を弛緩させる働きをするのが、一酸化窒素であり、アルギニンはその、一酸化窒素の生成を高める働きがあるから
です。

 

要するに、血管の管を広げることによって、血液の流れをスムーズにさせるのです。
また、一酸化窒素は血管のつまりを改善させる働きもするので、血管の老化を遅らせる効果もあるのです。

 

生活習慣病と呼ばれている病気は、血管の不具合によって、血液の流れを抑えたりすることから、発症するので、アルギニンの補給で防ぐことが可能になります。

 

アルギニンの美容効果

血管

最近になって、アルギニンが美容効果をもたらすことに注目されています。

当然の話しですが、アルギニンは、成長ホルモンを促進させるので、お肌のコラーゲン生成にも、良い影響を与えるのです。

 

それには、代謝が関わりあってくるのですが、成長ホルモンを増やすことで、コラーゲンの量を維持して、お肌のたるみやシワを抑え、弾力性のある、美肌に導いてゆくことが出来るのです。

 

アルギニンは血管や血液に特化しているので、顔の血色にも良い効果をもたらします。
血液がスムーズに血管を通じて循環すれば、顔の血色も良くなり、くすみやシミも次第に改善されることになります。
このような美容の効果を与えられるのは、アルギニンの特徴なのです。

アルギニンの副作用

食べ過ぎ

協和発酵バイオのアルギニンに関しては、副作用は考えられないと思います。

ただ、適量を守る必要があります。

 

摂取過剰は効果に結びつかないのでお控えください。
次に、サプリメントでは無く、実際の食べ物で考えると、タンパク質の摂り過ぎは良くありません。

 

まず、カロリーオーバーになります。
そして、身体に負担が掛かったりします。
特に、胃と腸ですね、そして、腎臓にも影響を与えたりします。
よって、全て適量を守ることと、バランスを考えて食べることをお薦めします。

 


疲労回復効果 オルニチン 朝だ!スタート、スッキリ しじみの効果 口コミ・評判 オルニチンお試し500円