しじみをお勧め出来ない事例

しじみは肝臓に良いですが、ダメな場合もあります。

肝臓に良いと言われている、しじみですが、NGになる場合があります。

肝臓が気になる

それは、慢性肝炎や肝硬変と診断された人です。

 

既に、このような、病気と判断された場合、肝臓に良いと言われている、しじみやレバー、ほうれん草などは、摂らないで下さい。

 

では、既に、慢性肝炎や肝硬変の疑いがある場合、なぜ、しじみがダメなのか?
その答えは、慢性肝炎や肝硬変は、鉄分が悪化要因になるのです。

 

しじみやレバーなどアミノ酸やビタミンB12が含まれていますが、鉄分も含まれています。
これが、良くないと言うことです。

 

健康食品である、協和発酵バイオのオルニチンは、鉄分は含まれていないので、慢性肝炎や肝硬変と診断されていても問題ありません。

慢性肝炎について

看護師が肝臓を説明する

慢性肝炎については、半年以上肝炎が続いた場合、慢性肝炎と言うことになります。

日常生活でウィルスに感染しても、ほとんど症状が現れないようです。

 

でも、そのまま放置していると、ほとんどの確率で慢性肝炎になります。
また、HCV抗体は、肝炎ウイルスの一つであるC型肝炎ウイルスの事を言います。

 

この、HCV抗体が陽性の人は、150~200万人もいると言われています。
これは、輸血や集団予防接種に於いて、感染したと言う背景があります。

 

よって、年齢は40歳以上の人に多く見られます。
そして、C型慢性肝炎は放置していると、肝硬変や肝臓がんに発展する可能性があることから危険な病気なのです。

なぜ、慢性肝炎や肝硬変に鉄分が良くないのか?

近年になって肝臓が弱い人に鉄分を控えると、肝臓の機能が改善すると言われています。
もともと、肝臓は鉄分を蓄えることが出来る臓器ですが、慢性肝炎や肝硬変の疑いがある方は、肝臓に過剰に鉄を蓄えることになります。

 

これが、原因で活性酸素を作り出すことになるのです。
活性酸素は細胞や核酸を酸化させて、肝機能そのものに攻撃します。

 

よって、肝臓自体を弱らせることになるので、鉄分は控えることが必要だと言うことです。

 

肝臓予防に効果がある、しじみのオルニチンですが、協和発酵バイオは、しじみそのものではなく、独自な発酵技術でしじみの持つ良い成分であるオルニチンを作り出しています。

 

従って、肝機能の妨げになる鉄分は含まれていません。
よって、安心して、オルニチンをお飲みください。

 

↓鉄分が含まれていないオルニチンはこちらから↓

協和発酵バイオオルニチン お試し500円


疲労回復効果 オルニチン 朝だ!スタート、スッキリ しじみの効果 口コミ・評判 オルニチンお試し500円