オルニチン回路ってなんだろう!

オルニチン回路って、なに?

オルニチン回路図

オルニチン回路は尿素回路と呼ばれ、有毒なアンモニアを肝臓の中にある、オルニチンと反応して、アルギニンと言うものになり、毒のないものにして、尿素に変える経路のメカニズムです。

 

これによって、肝臓のエネルギーを生み出す力を助けているのです。
つまり、疲労の原因である、アンモニアを分解させる働きをしているのです。

 

アルコールでの疲労や二日酔いもオルニチン回路の働きでアンモニアを分解させて、肝臓の機能を保っているのです。

 

オルニチン回路は、アンモニア → 尿酸 → 肝臓で尿素に代謝 → 腎臓で濾し取られて無害化して、体外へ排出

 

アンモニアって、なに?

ハチのイラスト

そうですね、上記のオルニチン回路の説明で、有害なアンモニアが登場しましたが、まずは、アンモニアは何でしょう?

 

アンモニアって、随分昔、子供の頃の記憶ですが、蜂に刺されると、アンモニアが効くと教わったのですが、消毒効果があると言うことでしょうか?

 

よく分かりません、そして、蜂に刺された箇所におしっこをかければ治ると教わったのですが、おしっこはアンモニアの成分が含んではいない(体内でアンモニアを無毒化して、尿素になっている)ので、このことは、迷信ですが、私の子供の頃は信じていました。

 

ところで、アンモニアを調べてみると、異臭がする、また、市販されているアンモニア水(水酸化アンモニア)は衣類のホームクリーニング(汚れを落とす)に使われています。
それだけではなく、食品の分野(食品添加物)とか、いろいろ利用されているようです。

 

では、私たちの身体の中に生成されるアンモニアはどうでしょう。

それは、食物に含まれている、タンパク質や腸の分泌に含まれている尿素が腸内にある細菌によって、分解されるとアンモニアが発生します。そして、血液の中に放出されるのです。

 

ここからが、オルニチン回路によって、無毒化されて排出されると言うことになります。
よって、アンモニアは私たちの身体にとって良くないものですが、食物を摂取して、代謝を行い、その結果老廃物と言うか、いわゆる燃えカスのような存在がアンモニアに位置づけることが出来ます。

 

このアンモニアが無毒化されないまま蓄積されると、病気が発症することになります。
よって、オルニチンの働きをスムーズにさせることが健康につながると言うことです。

 

 

 


疲労回復効果 オルニチン 朝だ!スタート、スッキリ しじみの効果 口コミ・評判 オルニチンお試し500円