協和発酵バイオオルニチンの成分、同業他社との違い、そして、サプリメントを選ぶ基準

協和発酵バイオオルニチンの成分

協和発酵オルニチンの成分は何?

協和発酵バイオのオルニチンの成分について調べてみました。

原材料は、オルニチン、セルロース、リン酸カルシウム、環状オリゴ糖、ショ糖エステル、糊料

 

ですが、これらを独自の発酵技術を用いて、シジミに含まれているオルニチンをリメイクしています。

 

リメイクとは、シジミそのものではなく、シジミに含まれているオルニチン成分と全く同じものを上記原材料を使って作りだすことです。

 

栄養成分は、オルニチン800mg、タンパク質1.05g、炭水化物0.37g、脂質0.04g、エネルギー6kcalです。
内容量は、1袋250mg×90粒です。

 

この、オルニチンサプリメントは、1日、6粒が適量で1袋で約15日分になります。
今、キャンペーンが適用されるので、500円で1袋、15日分をお試し頂けます。

 

↓購入はこちらから↓

協和発酵バイオオルニチン お試し500円

 

 

他のオルニチンサプリとの違い

協和発酵バイオつくば工場

まず、協和発酵バイオが安心できるのは、キャリアがあることです。

 

1956年に世界で始めて、発酵法を用いてアミノ酸の生産を開始しました。

 

そして、体内に存在する、アミノ酸のオルニチンそのものを、開発したのです。

 

協和発酵バイオは、医療用アミノ酸の開拓社なのです。

 

よって、他社のオルニチンサプリメントとは、違いがあります。
ネットでは、同じような、オルニチンサプリが、売られていますが、自社が作り出して販売されている企業は、そんなに多く存在しません。

 

製薬会社が作ったものを、OEM供給して、自社のブランド名を付けて売られている商品の方が多く見つけたりします。
また、海外で製造したものを、そのまま、右から左へと販売したりしています。

 

もちろん、品質管理をしっかりと行い、安全なものであれば問題はありません。
でも、サプリメントは、医薬品では無いので、品質や効能の届け出も必要無いことから、信用する決め手が見えないのです。

 

だったら、何を持って、この会社の製品は間違いないと判断できるのでしょうか?

 

  • ネット上での口コミ情報・・・
  • テレビで宣伝しているから・・
  • 実際、公式販売サイトを確認して・・
  • 身内や友人、知り合いが良いと言っていたから・・・

 

これらは、さまざまですが、私は、まず、会社のコンセプトを見ます。
そして、まず、メーカーであることです。

 

仕入れたものではなく、自ら研究して作っているメーカーです。
しかも、独自の研究開発や技術を発表しているメーカーであれば、間違いないと判断出来ます。

 

もちろん、医薬品であってもサプリメントでも、個人差があるので、誰でも効果があるとは言えません。
でも、自ら研究を重ねて、次々と新しい発見を取り入れたり、工夫している企業は、多くの人が満足されています。

 

これだけ売れているという実績があって、そのまま売れ続けているのです。
従って、私は、このようなことをオルニチンサプリを選ぶ基準にしているのです。

協和発酵バイオオルニチンはオルニチンサイクルを強化する

オルニチンサイクル図

協和発酵バイオのオルニチンはオルニチンだけの配合になります。
オルニチンは、肝機能の解毒や代謝を行っている「オルニチンサイクル」の強化に期待出来ます。

 

オルニチンサイクルは、肝臓の代謝経路の1つで、私たちが食事で得た栄養を肝臓で作り変えて、エネルギーを生み出しています。

 

その、エネルギーを作っていますが、食事で得たタンパク質などが分解する時に、アンモニアという毒性があって、体に良くないものを発生させてしまうのです。

 

これが、肝機能の低下を起こす原因の1つです。
特に多くのタンパク質を摂取すると、アンモニア量も増える傾向にあって、オルニチンの解毒するパワーを多く必要とします。

 

その結果、処理しきれない状態になると、肝臓は機能低下に陥ります。
そこで、オルニチンを摂ることで、アンモニアの解毒に働いて、オルニチンサイクルの環境を良くするということです。

 

これと同じように、アルコールの摂取でも、アルデヒドという毒性物質を作り出してしまうので、それが、肝機能低下にさせますが、オルニチン補給でパワー不足になった、オルニチンサイクルの強化に働き、肝臓を健康な状態へ導きます。

 

と言うことは・・肝機能の低下には、オルニチンだけで、他の成分は必要無いのか?
・・と言われれば、正直言って分かりません。

協和発酵バイオオルニチンと他社の肝臓サプリの違いは、働き方が違う

違いを理解した女性

そこで、協和発酵バイオ オルニチンと他社のサプリメントとの違いになりますが、レバリズムLや肝パワーeプラスには、肝臓に良いと言われている天然の成分から抽出したエキスをサプリメントにしています。

 

これらは、食事で得るべきもので、肝臓に良いものが含まれている成分だけを抽出したものです。

 

もちろん、レバリズムはオルニチンも含まれていますが、あくまで、食事で得るしじみの栄養素を効率よくサプリにしたものになります。

 

これが、協和発酵バイオのオルニチンとの違いになります。

 

つまり、協和発酵バイオのオルニチンは、肝機能のオルニチンサイクルの強化に働いて、肝機能の解毒や代謝、胆汁の生成の活発化を目指しています。

 

ところが、レバリズムLや肝パワーeプラスは、オルニチンサイクルの強化も含みますが、肝機能全体の機能を強化する栄養分を補うということです。

 

これには、具体性は欠けますが、素材成分が多く含んでいるので、肝機能だけではなく、それに関わる臓器や器官にも良い影響を与える・・・つまり、環境を整えることも考えられているようです。

 

それから、自然食研の「しじみ習慣」がありますが、これは、しじみ汁をそのまま、カプセルにしたものなので、しじみ汁を毎日飲んで健康を目指すと言うものです。

 

肝臓サプリは、その他、にんにくが入ったものやいろいろ売られていますが、概ね、これらの3つのタイプに分けられます。

肝臓サプリは、まず、試すことから

女性看護師からのアドバイス

多くの肝臓強化サプリが売られていますが、人それぞれ、自分の考えがありますので、自分が気にいったものを選べば良いと思います。

 

それから、個人差があリます。
口コミで評判だったので、実際、買って飲んでみたけれど、評判ほど良くなかったということもあります。

 

私が考えるのは、とりあえず試してみてから、自分に合ったものを見つけることだと思います。

 

オルニチンだけの成分配合の協和発酵バイオのオルニチンをまず、試してみてどうだったのか?

 

そして、その他のメーカーのものも飲んで見比べて見ると、違いを見つけ出すことが出来ます。
よって、系統が違うものを選ぶようにしています。

 

例えば、先ほどの、オルニチンだけの協和発酵バイオの次は、レバリズムLにするなどです。
それで、レバリズムLが良いと感じたとすると、タウリンやスクワレンが自分に必要だったのでは?・・ということになります。

 

このようにして、試してみる方法が良いと思います。
それから、協和発酵バイオのオルニチンを選ぶ一部の人は、しじみエキスを必要としない方がいらっしゃいます。

 

これは、しじみに含まれている栄養分は、全て自分のカラダに良いとは言えないからです。
例えば、オルニチンは摂りたいけれど、鉄分はいらないと考えている方ですね。

 

肝臓サプリを選ぶには、まず、成分の種類や質、そして、製法などを検討して選ぶことをおすすめします。

協和発酵バイオオルニチンは、長く飲み続けることで効果が出る

元気なサラリーマン

サプリメントは飲み続けてこそ、効果を実感します。

協和発酵バイオオルニチンを飲まれた方の多くは、「長く飲み続けてきて良かった」という感想がいちばん多く聞かれます。

 

サプリメントは、長く飲み続ける・・・つまり、蓄積型で効果を発揮するのです。

 

薬は対処療法ですが、サプリメントは、長期に渡って飲むことで、今までの身体の体制を変えてゆくものです。

 

サプリなんて効かないと言われる方は、薬と同じだと考えていて、サプリメントの本質を誤解されているのです。
よって、「飲んだけど、効かない」と言われます。

 

その人が、実際、どの期間飲んだのか?
分かりませんが、長く続けることで答えは出ると思います。

 

オルニチンを飲んで、肝臓を保護したいとか、お酒は飲み続けたいと思われるのであれば、協和発酵バイオのオルニチンを、まず、お試し下さい。

 

協和発酵バイオの発酵とは?

協和発酵バイオの発酵研究

協和発酵バイオのオルニチンは遊離アミノ酸として、肝臓へ働きかけると言う、人気のサプリメントですが、発酵とは、どのようなものでしょう?

この発酵について、調べてみました。

 

意外と知っているようで、本当は分からない発酵についてです。
先ほど、「他のオルニチンサプリとの違い」で述べたように、協和発酵バイオは、1956年に世界で最初にアミノ酸を生み出しました。

 

それは、工業生産で独自な発酵法を用いての結果です。
この発酵技術は、私達の健康を維持する目的として、更に開発が進められています。

 

そして、発酵技術に至るまでのプロセスですが、1956年頃の日本は、終戦直後でもあって、食糧難の時代で日本人の体格が貧弱だったことから、協和発酵バイオの創業者がアミノ酸の研究を始めたことがスタートになりました。

 

よって、50年以上も発酵技術を用いて、研究そして、健康食品を世に送りだいています。
このことから、発酵について具体的に調べてみました。

発酵って何?

味噌

発酵・・つまり、発酵食品は、皆さんご存知の通り、味噌や納豆、漬物、醤油などですが、この発酵を用いて、薬やサプリメント、化粧品や飲料にまで及んでいます。

では、発酵すると言うことはどう言うことでしょうか?

 

発酵とは、微生物が関わりあってきます。
その微生物が働くことで、ある物質が変化し、それが、私達にとって、有益な作用をもたらすことです。

 

微生物とは、私達の目に見えないほどの小さな生物で、その生物が発酵をもたらすのです。
そして、発酵菌は、その微生物のことを言います。

 

さらに、その発酵された、食品の香りや色、そして、栄養価も作り出しているのです。
つまり、発酵させることで、香りが良くて、美味しい、そして、栄養もたっぷり含まれていると言う素晴らしいものに変化するのです。

 

こういった、発酵食品は、全国に特産品として、存在しています。
例えば、水戸納豆は、大豆を蒸して納豆菌で発酵させたものです。

 

それから、金沢の、かぶら寿司は、塩漬けしたブリをカブにサンドイッチして、米麹で発酵させたお寿司です。
このように、発酵は、私達の生活を支えていると言っても言い過ぎでは無いようです。

発酵の種類

お酒とチーズとパン

発酵食品は数えきれなほど、たくさん存在します。

発酵玄米、発酵バター、発酵黒にんにくなど、調べれば調べるほど、多く存在します。

 

そして、細菌や酵母がブドウ糖のエタノールと炭酸ガスを生成させて反応する、アルコール発酵と言うものがあり、ビールや日本酒、ぶどう酒の醸造に応用されています。

 

また、皆さんご存知の、ヨーグルトやチーズなどは、乳酸発酵を用いたものです。
簡単に説明すると、糖を酸素の無い状態にして、乳酸を生成させることです。

 

こういったものは、昔からの発酵作用を用いたもので伝統食と言われるものです。
伝統食は、今になっても、私達の身体に良いものであり、健康を保つ役割をしているのです。

 

もとに戻りますが、このような、同じ発酵技術で協和発酵バイオのオルニチンが完成したのです。
しじみに多く含まれている、オルニチンも昔から、肝臓に良いと言われ、お酒を飲む人にとっては、薬のような扱いをしていたようです。

 

その、しじみのオルニチンを協和発酵バイオは、発酵技術でリメイクオルニチンを完成させたということです。
考えてみると、発酵というものは、パワーを加速させて、強力に作用するもののように感じます。

 

協和発酵バイオのアミノ酸製造については、「協和発酵のアミノ酸発酵技術のルーツ」をご覧ください。


疲労回復効果 オルニチン 朝だ!スタート、スッキリ しじみの効果 口コミ・評判 オルニチンお試し500円