しじみの健康パワーである「オルニチン」を解説

古くから親しまれてきたしじみの健康パワー

酔っぱらい

お酒を飲んだ翌朝は、しじみ汁を飲むとよい、というのは昔から言われてきたことです。

昔、というのは具体的には江戸時代のようです。

 

当時は掛け声とともに、しじみを売り歩くしじみ売りの姿も往来でよく見られたそうで、科学的な分析はなされていなかったものの、お酒を飲んだ翌朝にしじみ汁を飲むと二日酔いをしない、という経験から、しじみが体によいというのは先人にも知られていました。

 

現代の人々も、またその教えを受け継ぎ、しじみの恩恵を受けているわけですが、もちろん現在では、しじみの健康効果の理由は科学的に明らかにされています。

 

それは、しじみに含まれるオルニチンという成分の働きによるものです。
協和発酵バイオ オルニチンは、そのオルニチンをいつでも手軽に、そしてたっぷりと摂取できるように作られたサプリメントです。

しじみに含まれるオルニチンの働き

寝起きがよい

人の身体に必要不可欠なアミノ酸、タンパク質の中に存在するものとして知られていますが、オルニチンはタンパク質にはならずに体中を巡って大事な働きをする遊離アミノ酸の一つです。

 

摂取したオルニチンは腸で吸収されて肝臓・腎臓・筋肉などへ移行しますが、最も大きな働きは肝臓でのオルニチンサイクルに関与することです。

 

オルニチンサイクルは、肝臓で疲労の原因物質であるアンモニアを解毒する際の代謝回路で、この回路を通じてアンモニアは無毒な尿素となり、オルニチンは再生されます。

 

また、アンモニアはエネルギーの元であるATPの再生を阻害するので、それを除去することでエネルギーの産生が高まり、疲労回復の効果が得られます。

 

さらにオルニチンにはアルコール性の疲労も回復する作用があるため、飲酒の翌日の疲労を低減し、二日酔いを防ぐ効果があるというわけです。

協和発酵バイオ オルニチンをおすすめする理由

おすすめします

協和発酵バイオは医療用アミノ酸メーカーとして世界的に知られる企業です。

1956年に世界で初めて発酵法でアミノ酸の工業生産に成功して以来、常にアミノ酸研究のトップを走ってきました。

 

その中でアミノ酸の一種であるオルニチンの働きにいち早く着目し、長年にわたる研究開発の末に誕生したのが協和発酵バイオ オルニチンなのです。

 

普段の食事では充分に摂りきれないオルニチンを、1粒にしじみ300個分も凝縮、小さく丸く飲みやすい粒なので、毎日楽に続けることができます。

 

協和発酵バイオ オルニチンは味噌やヨーグルトと同じ微生物による発酵法で作られており、厳しい品質基準をクリアしているので安心です。

 

協和発酵バイオについてはこのサイトの「協和発酵バイオの発酵とは?」をご覧ください。

 


疲労回復効果 オルニチン 朝だ!スタート、スッキリ しじみの効果 口コミ・評判 オルニチンお試し500円