オルニチンとタウリンの効果の違い

オルニチンとタウリン

迷っている会社員

オルニチンとタウリン・・この2つは、どちらも、肝臓を守るというか・・肝機能の良いアミノ酸です。

 

また、オルニチンは、しじみに多くふくまれているのに対して、タウリンは、牡蠣やサザエに含まれている成分です。

 

これら、どちらも、貝類から見出した有効成分です。
そして、同じように、肝臓を守るので、二日酔いや脂肪肝に良いとされています。

 

今回は、この2つの成分の比較をしました。

 

タウリンの効果

考えている女性

タウリンは、メラニンを作リにくくする作用があるので、お肌のシミなどの美容に良いと言われています。

 

また、体内に存在する有害物質を排出させる作用もあるので、解毒・・つまり、デトックス効果もあります。

 

このタウリンは、体内でシステインというアミノ酸によって合成される、含硫アミノ酸(がんりゅうアミノ酸)です。
含硫アミノ酸とは、体内で合成されるアミノ酸です。

 

ちなみに、オルニチンは、必須アミノ酸なので、体内で合成できません。
よって、食品やサプリメントでしか摂れないアミノ酸です。

 

それで、タウリンは胆汁酸と結合して、胆汁を分泌させる働きを持っています。
この、胆汁の働きは、食べたものを消化させて吸収させる大切な成分です。

 

もちろん、肝臓がこの胆汁を作っているので、肝臓の手助けをしていると言うことです。
そして、その他に、肝機能全体の働きの援助をするという優れた役割をもっています。

オルニチンの効果

酔っ払っている男性

オルニチンは、解毒作用が優れています。

もちろん、オルニチンの効果は、解毒効果だけではありませんが・・・

 

協和発酵バイオのCMでも、やくみつるさんの漫画のストーリーでお馴染みのお酒の飲み過ぎに威力を発揮します。

 

この、お酒の飲み過ぎを改善させるのは、肝臓の解毒作用によるものです。

 

通常、肝臓はお酒などのアルコールの解毒をして、尿素として排出されますが、過度なアルコールを摂取した場合、解毒が追いつかなくなります。

 

これを助けるのがオルニチンです。
オルニチンは、遊離アミノ酸と呼ばれていて、単独で働きかけることが得意としています。

 

そして、オルニチン効果をもって、アルコールを生成する、アセトアルデヒドと呼ばれている有毒物質を分解して、肝臓を守ります。

まとめ

ドクターからのまとめ

このように、肝臓を守る成分のオルニチンとタウリンですが、どっちがいい?と言うことになりますが・・・

 

タウリンの肝機能全体をサポート、そして、オルニチンの解毒効果・・

 

これが、概ねの特徴になります。
でも、出来ればどちらも必要ということになりますね。

 

それで、しじみには、オルニチンもタウリンも含んでいるので、しじみエキスのサプリメントがいちばん適していると言えます。

 

でも、しじみには、鉄分が含まれているので、C型肝炎や非アルコール性肝炎の疑いがある方は、避けた方が良いと思います。

 

 

↓オルニチンもタウリンも含んでいるレバリズムLはこちら↓

 

 

↓オルニパワーZnプラスの詳細と購入はこちら↓

 

オルニチンやタウリンよりも、ウコンサプリを探している方には、機能性表示食品のセラクルミンがおすすめ!
下記、記事をご覧になってください。
セラクルミンって何?

 

 


疲労回復効果 オルニチン 朝だ!スタート、スッキリ しじみの効果 口コミ・評判 オルニチンお試し500円