オルニチンは、成長ホルモンの分泌を促しますが、その効果は睡眠中に発揮します

オルニチンのアミノ酸効果

アミノ酸を講義する教授

オルニチンはアミノ酸です。

アミノ酸もいろいろあって、オルニチンは、遊離アミノ酸なのです。

 

普通、タンパク質を構成するのが、アミノ酸と呼ばれていますが、遊離アミノ酸は、「遊離」・・つまり、他と離れています。
要するに単独で働きかけるアミノ酸なのです。

 

これに関しては、当サイトの「アミノ酸と遊離アミノ酸」をご覧頂ければと思います。

 

それで、オルニチンは、遊離アミノ酸なので、単独で行動することが出来るので、フットワークが優れています。

 

例えば、体に不調があると、その不調信号をキャッチして、現場へ向かいます。
そして、不足分を補ってオルニチン効果を発揮するのです。

 

簡単過ぎる説明ですが、これが、オルニチンの優れた働きです。
では、オルニチンの効果は、いつ発揮されるのでしょうか?

 

もちろん、オルニチンは肝機能をサポートしたり、免疫力を高めたりしますが、成長ホルモン・・つまり、代謝に関する成長ホルモンの分泌について、考えてみましょう。

成長ホルモンを効果的に促す

身長計測

私達は、成長ホルモンがあるから、アンチエイジングやダイエット、運動能力などが高められるのです。

つまり、代謝がアップするからです。

 

この、成長ホルモンの分泌をより、効果的に促すことを考えれば、運動をした後や、睡眠中に多く分泌されます。
睡眠中は、眠りに入って30分ぐらい経つと深い眠りに入ります。

 

その時が、いちばん多く成長ホルモンの分泌が行われます。
このことを考えると、協和発酵のオルニチンを飲むのは、睡眠に入る前がより、効果的と言うことになります。

 

もちろん、朝に飲むのも良いと思いますが、成長ホルモンを活発化させる目的で考えると、夜になります。

 

そして、オルニチンを飲んで、眠りに入りますが、質の良い眠りがあってこそ、成長ホルモンの分泌を促すことになるので、睡眠不足や夜食などを食べる行為は、適した成長ホルモンの分泌活動にならないのです。

 

寝る前に食事をすると、余計な働きをしなければ、ならなくなるのです。

 

それは、消化酵素の働きが開始されるからです。
通常、日中に食事をしている事から、食事を終えると、消化酵素が働きますが、それが、夜になると、消化酵素は休息モードに入っています。

 

また、夜食を食べると、消化活動をしなければならなくなります。
これが、余計なエネルギーを使うこととなって、本来、睡眠中に活動するはずの成長ホルモンの分泌活動のエネルギーが低くなってしまうのです。

 

その結果、代謝力が低迷する原因になったりします。

 

次に睡眠時間ですが、質の良い睡眠をとることが大切です。

 

眠っている時に成長ホルモンの分泌が盛んになるのに、眠っていないと分泌が損なわれるのは当然です。

 

このようなことで、夜は食事を控える、また、睡眠時間をたっぷり摂ることが成長ホルモンを効果的に促すことになります。

成長ホルモンを支えるオルニチン

協和発酵オルニチン

成長ホルモンは、脳の下垂体に働きかけることによって、分泌されます。

 

そして、主な仕事は、骨や糖質、水分、ミネラルなどの代謝の促進です。

 

また、脂肪の分解とタンパク質の合成を促進させるので、ダイエット効果もあると言われています。
でも、年齢とともに成長ホルモンは低くなってゆきます。

 

少年・少女と言われる年齢・・つまり、13歳~18歳ぐらいが、最も成長ホルモンの分泌が多くなります。
そして、その後、年齢とともに低くなってゆきます。

 

成長ホルモンが低くなると、代謝も低くなります。
これを、老化と言うことなのでしょうか・・・

 

その結果、脂肪がつきやすくなったり、抵抗力が低下するなど、体が衰えてきます。
そこで、オルニチン効果で成長ホルモンの強化をはかるのです。

 

そうすることで、オルニチンは、代謝に関わる成長ホルモンを促進します。
その結果、低下していた代謝が高められ、脂肪の分解を促し免疫力を高め、アンチエイジング効果をもたらすのです。

 

いつまでも、若さを保っていたい・・・その答えは、成長ホルモンを支えるオルニチンなのです。

 


疲労回復効果 オルニチン 朝だ!スタート、スッキリ しじみの効果 口コミ・評判 オルニチンお試し500円