女性のアンチエイジングは、オルニチン効果から

お肌の老化は、体の内側からアンチエイジング

女性のオルニチンはアンチエイジング

協和発酵バイオのオルニチンですが、主に男性のサプリメントであると、誤解されている場合があります。

 

オルニチンと言えば、疲労回復やお酒などのアルコールを分解する働きがあるので、おじさんのイメージが強いようですね。

 

でも、オルニチンは、男性のものだけではありません。
女性にとっても重要な役割を持っているのです。

 

それは、アンチエイジング効果を高めることです。
まず、お肌の老化です。

 

年齢とともにお肌が衰えて行きますが、そのためにコラーゲンやプラセンタなどのサプリメントや美容液を使っている方って多いと思います。

 

シミやシワ、たるみなどは、年齢とともに、お肌の弾力が衰えてくるので、これを補うサプリメントを飲んでいると言うことです。
でも、より効果的に、アンチエイジングするには、体の内側から有効的に働くようにすることが大切です。

 

↓協和発酵バイオ500円オルニチンはこちら

オルニチン効果で成長ホルモンを活発化

ドクターからの説明

体の内側から効果をもたらすのは、何だと思います?

それは、成長ホルモンです。

 

要するに、プラセンタやコラーゲンを体に補給しても、より、活発に働いてくれる成長ホルモンが停滞していては、効果はありません。

 

成長ホルモンが活発に働きだすことによって、より効果を発揮することが出来るのです。

 

では、成長ホルモンを活発化させるには、何が必要かと言えば・・オルニチンです。
オルニチンが大きな働きをしてくれるのです。

 

オルニチンが成長ホルモンの分泌を促進するという効果に関しては既に検証されています。
それは、オルニチン研究会と言う研究チームが発表されています。

 

http://ornithine.jp/lab/growthhormone.html

 

それで、成長ホルモンといえば、細胞を増やしたり代謝を高めるので、お肌の改善に期待出来ます。
そして、成長ホルモンの分泌は、主に睡眠中に増加されるのです。

 

その成長ホルモンの分泌を高める働きですが、オルニチンは直接に成長ホルモンの分泌を促すのではなく、グレリンというホルモンに作用します。
そこで、グレリンって何?

 

ということですが、グレリンは、胃から分泌されるホルモンで、脳の視床下部に働きかけて、食欲中枢を通じて食欲を増加させるホルモンです。
つまり、食欲が出るのは、グレリンというホルモンが増加するからです。

 

この、グレリンが成長ホルモンを分泌促進しているということです。
このことが発見されたのは、1999年だそうです。

 

成長ホルモンを分泌促進すると、身体の全細胞が活性化するので若返る・・・つまり、アンチエイジング効果が現れるのです。
ここに、女性がオルニチンに注目される理由の1つではないかと思います。

 

成長ホルモン=若返りホルモンということだからです。

 

成長ホルモンが分泌促進するとダイエット出来る

脂肪を使う方法のイラスト

 

成長ホルモンが分泌されると、体脂肪が燃焼されるということをご存知でしょうか?
つまり、ダイエット効果です。

 

成長ホルモンは細胞が成長する、つまり、細胞の生まれ変わりが活発になると言うことです。
それには、多くのエネルギーを必要とします。

 

その、エネルギーはどこから持ってくると思いますか?
ここに疑問が出ますが、主にお腹に蓄積されている脂肪が利用されるのです。

 

つまり、グリコーゲンをブドウ糖に変換して燃焼させて、エネルギーを作るのです。
これによって、ポッコリお腹の脂肪が自然と減ってゆくと言う嬉しいことが実現出来るのです。

 

全て、オルニチン補給によって、スリムな若々しい身体に変身するということになります。

グレリンとレプチン

肥満とスリムな2人

 

グレリンに関して述べましたが、もう1つ大切なホルモンと言えば、レプチンです。
おそらくグレリンはご存知で無い方がいらっしゃると思いますが、レプチンは知っている方はたくさんおられると思います。

 

それで、レプチンですが、グレリンに相反しているホルモンです。
つまり、食欲を抑えるホルモンです。

 

体脂肪が増えてくるとレプチンも増えて食事の量を抑えるために満腹信号を脳に送る働きをしています。
この、レプチンが正常に働いてくれるので、食べ過ぎにならずスリムを保っているということです。

 

レプチンに関しては「レプチンとオルニチンの関係」という記事を書きましたの興味がある方はこちらをご覧下さい。
レプチンもダイエットに関係しているホルモンなので、ダイエッター必見です。

 

「レプチンとオルニチンの関係」への移動はクリックして下さい ←

 

↓レプチンの働きで満腹感を脳に伝えるフリベリダイエットはこちら・・・↓

アミノ酸の役目

アミノ酸パワー

私たちの身体にとって、アミノ酸は、必要不可欠な成分です。

でも、アミノ酸も、年齢とともに減少して行き、老化へと進めて行きます。

 

これは、歳をとってゆくので、仕方ないことだと思いますが、ある程度、健康を保つように心がけることで若々しさを維持することが出来ます。

 

もともと、食事だけで、アミノ酸の補給は可能ですが、それは、若いころ限定です。

 

20代であれば、サプリメントは、全くと言って必要ありません。
その理由は、全て食べ物から供給できるからです。

 

でも、40代以降となると、食べ物から補給していても、不足しがちになります。
それを、しじみのオルニチンで補うのです。

 

オルニチンは、アミノ酸なので、肝臓の代謝から全身にくまなく巡ります。
詳しくはこのサイトの「アミノ酸と遊離アミノ酸とは」に記載していますが、アミノ酸は、内蔵や髪の毛、肌や筋肉など、身体の中の組織を作っているものなので、サプリメントなどで、補うことによって、不足気味な身体の機能を回復させることが可能になります。

「レバリズムL」が女性に人気があるのはなぜ?

レバリズムLの配合成分に喜ぶ女性

 

オルニチンについては、女性ホルモンの分泌を促し美容効果やダイエットに良いということをお話ししましたが、おすすめするサプリメントはレバリズムLです。
では、レバリズムLを勧める理由は何だと思いますか?

 

レバリズム Lは、しじみのオルニチンと、牡蠣が含まれているので、肝機能はもちろん、美容やアンチエイジングに優れている成分が含まれているからです。
そして、さらにプラス配合されているのがL-シスチンとスクワレンです。

 

シスチン-Lに関しては、牡蠣やしじみに含まれていますが、スクワレンは深海鮫エキスなので、レバリズムLでしか含まれていないのです。

 

つまり、オンリーワンサプリということですが、これが他のしじみサプリとの違いとなり、特に女性に人気があるということです。

スクワレンは美容と肝機能をサポートする!

酸素を運ぶスクワレンの働きを図解化

 

スクワレンは体内に酸素を運ぶ働きをしていますが、この酸素を運ぶということは身体の組織の細胞に酸素を供給して活性化を図っているということです。

 

このスクワレンの働きがなければ代謝を促すことも不可能になり免疫力が低下します。

 

逆に、スクワレンを補給することによって、代謝アップして細胞の入れ替わりが活発化する・・・つまり、若々しさを取り戻すことができるということです。

 

もちろん肝機能に関しても、肝細胞の活性化を行うことによって肝機能の向上とコレステロール値の正常化をサポートします。

 

当サイトで、スクワレンに関しての詳細を記事にしています。
よろしかったら下記をご覧ください。

 

レバリズムLの効果の「深海鮫の肝油スクワレン」
レバリズムの楽天の値段の「レバリズム-Lのスクワレン効果

 

スクワレンの美容についてですが、もともと私たちのお肌の中に存在していて潤いを維持させる働きをしています。

 

この潤いを保つ働きですが、十分な酸素が必要であり、酸素が材料となって新陳代謝を促ししているのです。

 

よって、 お肌が酸素不足になると、代謝が下がるのはもちろん、保湿不足になります。
その結果、シミやシワなど、老化したお肌に進行するということです。

 

お肌の保湿や潤いを保つためには、コラーゲンだけではなく基本となる酸素を、程よく運ぶスクワレンは欠かせない存在なのです。

L- シスチンの効果

L-シスチンの効果を図解化説明

 

L- シスチンの効果ですが、 体内に入ると L-システインに変換されて、肝臓のアルコール解毒に作用します。

 

L-システインの効果は、アルコール解毒・・・つまり、お酒の飲み過ぎで肝機能の低下を食い止める働きをすると言うことです。

 

これは、L-システインがアルコール解毒に必要な、グルタチオンというアミノ酸に変換することができるからです。

 

そして、L-システインと言えば、 美容に良いということが知られていますが、 体の内側から代謝を高めるアミノ酸なのです。

 

さらに、L-システインは皮膚組織や髪の毛、爪などに含まれているアミノ酸なので、第一に、お肌の新陳代謝に密接な関係をもっているのです。

 

よって、シミやシワ、たるみなどのお肌のトラブルを改善する働きに期待できるということです。
L-システイン配合のハイチオールといえば、ご存知の方が多いと思います。

 

このように、L- シスチンは美容に良いという効果が女性に人気がある秘密ですね。
レバリズムLは、1日に3粒飲みますが、その3粒でL-シスチンを80mg体内補給することができるのです。

 

下記に原材料表を記載しておきますが、 レバリズムLは牡蠣エキスやオルニチン末よりも多く含まれています。

 

レバリズム-L

■内容量:1日あたり3粒/約30日分・90粒入
■主要成分(3粒=1,365mg)あたり:熱量 8.2Kcal、たんぱく質 0.52g、脂質 0.60g、炭水化物 0.20g、ナトリウム 2.40mg、ビタミンB2 2.40mg、ビタミンE 16.0mg
■原材料名:L-シスチン 80mg、ビタミンB 0.8mg、ビタミンE 8.0mg、牡蠣エキス末 10mg、シジミエキス末 10mg、スクワレン 10mg、サフラワー油 151.2mg、ミツロウ 18.0mg、グリセリン脂肪酸エステル 12.0mg


もちろん成分によって、含有量の多さで優劣を決めることはできませんが、 L- シスチンの肝機能に働く効果と美容を含んだアンチエイジング効果をメインとしたサプリメントだということが言えます。

 

女性にいちばん人気なのが、レバリズムですね・・

 

↓↓オルニチン+タウリン+スクワレン配合のレバリズムはこちら・・・↓↓

 

↓レプチンの働きで満腹感を脳に伝えるフリベリダイエットはこちら・・・↓

 

→アフリカンマンゴーダイエット記事はこちら←

 


疲労回復効果 オルニチン 朝だ!スタート、スッキリ しじみの効果 口コミ・評判 オルニチンお試し500円